意外? 無理やり? 受験シーズンの「ゲン担ぎ商品」への街の声

ビジネス、今日のひとネタ

そろそろセンター試験も近づき、本格的な受験シーズンになってきました。受験生や受験生の親御さん方はドキドキしてくる季節なのではないでしょうか。

この記事では、試験に受かるといわれる「ゲン担ぎ」の食べ物の話や、この時期にスーパーやコンビニの棚にあふれるゲン担ぎのお菓子などに触れつつ、「やる気になる!」あるいは「それはどうよ?」といった賛否さまざまな意見についてご紹介します。

トンカツ食べて試験に勝つ!

大学受験に限った話ではないですが、試験前日や何かの大会前などに、「トンカツ」をはじめ「カツ」がつく料理を食べたことのある人も多いのではないでしょうか。たとえば、カツ丼、カツカレー、メンチカツなど。これは日本の代表的なゲン担ぎの一つといえるでしょう。

続きを読む

ただのダジャレといったらおしまいですが、日本人は昔から語呂合わせのゲン担ぎが大好きなようです。「めでたい」で鯛だったり、「よろこぶ」で昆布だったり。昆布は戦国時代、出陣前に供されていたともいいます。

ほかにも食べ物では、とうもろこし(英語でコーン=幸運)やウインナー(Winner=日本語で勝者)、カレー(うカレー)など、家庭や地域によっても異なりますが、名前にあやかったゲン担ぎの食べものはたくさんあります。Twitter上には、こんなエピソードが。

「明日はいよいよ息子の私立の高校受験だ。夕飯にトンカツを出して、受験に勝つって言ってね…とそんな話をすると、そんなんカツ食べたらみんな合格やん、と言いつつちょっと嬉しそうに見えた」
「昔は受験の時期になると「勝つ」という語呂に似せてトンカツを出す家庭が多かったと思いますが、僕の実家では勝つは英語でウィン(win)だからウインナー食え!と言っていました」
「高校受験ならいいけど大学受験で前日に全部カツ出されても食えねーよ」
「食べきれないと逆に縁起悪い気がして全部食って気分悪くなるから私には逆効果」

ほほえましいエピソードが数多く見られる一方、それでなくともナーバスになりがちな時期、大学受験で複数の学校・学部を受けるようなときに連日、油っこいカツを食べるのは、食が細い人にはちょっとキツいかもしれませんね。

毎年恒例! 受験応援お菓子!

みなさんは受験にあやかったお菓子商品を買ったことはありますか? 毎年、この時期になると、スーパーやコンビニでよく見る商品名をちょこっともじったお菓子です。合格をイメージする赤や、サクラをイメージするピンク色のパッケージで、縁起が良さそうです。

特に全国的に有名なのは、「キットカット」ではないでしょうか? 「きっと勝つ!」とかけた、なんとも背中を押してくれる商品です。この語呂合わせを使った受験生応援マーケティングは、2003年から始まったのだとか。

これは、福岡の方言である「きっと勝っとぉ(絶対に勝っているよの意)」という方言とリンクして、九州地方でこの時期に売り上げが伸びたことがきっかけとのこと。最初から、販売元のネスレ日本が考えていたわけではなく、そのエピソードが今の定番を生んだんですね。

意外!? 無理やり!? まだまだあるゲン担ぎ菓子

キットカットのほかには、この市場を切り拓いたといわれる「ウカール」が有名でしたが、カール自体が関西を除いて販売されなくなり、現在ではゲン担ぎ菓子としても販売されなくなっているようです。ともあれ、お菓子メーカー各社は、受験にあやかった商品を数多く展開しています。たとえば、

・ポッキー
・コアラのマーチ
・キャラメルコーン

などがあります。それぞれどんなコンセプトで受験応援グッズにしているのでしょうか? ご存じない方は考えてみてください。

・ポッキー
ヒントは、かつてポッキーはパッケージの上下を逆にして受験応援グッズと冠して販売していたということです。逆ということは、……そうです! ポッキーを逆から読んでキッポー、そう「吉報」です。もし食べるときは、逆から食べたほうがいいのかも。よく思いついたなぁというコピーですね。

・コアラのマーチ
これは、語呂合わせや何かをもじったものではなく、コアラの性質から転じたゲン担ぎです。寝てても木から落ちないコアラという性質から転じて、「受験に落ちない」なんだとか。本当に寝てても受験に落ちなかったら嬉しいのになぁ。

・キャラメルコーン
こちらはいたってシンプルというか、ちょっと無理やり感もあるかもしれませんが、「カナエルコーン」として販売されています。「夢を叶える」という意味では縁起のいいコピーですね。普通の形だけでなく、勝利を呼ぶ「V」の形のものが入っていることもあるみたいです。

受験シーズンのゲン担ぎ商品に賛否両論

こうした受験応援商品については、ネット上では次のように好印象を感じている人も見られます。

「小学校の時の野球の監督から受験だからキットカット届いた!受験頑張ろ!」
「試験当日はカツ丼おにぎりを食いながら休憩中はキットカット食ってました(ゲン担ぎ」
「年始はじめてのお出かけしてきた。行きに黒猫ちゃんに出会い、買い物して帰りにお相撲さんに会った。今年はいい年って思ってたら、カナエルコーンのVが2つも入ってた♪本当に今年はいい年にする!初夢はまだ見れてないけど」

一方で、こうした商品のコピーやあり方そのものに対して、「ちょっとどうなの?」と冷静にツッコんでいる人もちらほら。

「「ポッキーをひっくり返したら吉報だから縁起が良いので受験生に人気」、むしろ吉報がひっくり返っているのだから縁起が悪い、という解釈の方が自然にも思えてくる」
「キットカットって受験シーズンになると「きっと勝つ」みたいで縁起がいいですよ~って売り方してるけど、普通に考えたら「きっとカット」で足切りされるイメージで縁起悪いんじゃ」
「応援っていうか最近どの会社も商売だけでゲン担ぎ商品をやってるのが見えて正直引くわ」

コピーについては、あくまでゲン担ぎなので、信じているといいことあるかも! と思っているくらいがいいものです。でも、たしかにツッコみたくなっちゃう気持ちもわかるかも……。

みんな受験生を応援してる!

受験生のみなさんにとっては、プレッシャーを感じるときで不安になっている方も多いかもしれません。ですが、ちょっとした休憩がてら、受験応援商品を食べてみるのもいいかもしれません。実際、甘いお菓子で糖分を取ってリフレッシュするのも効果的です。

また、お子さんに受験生がいる方は、プレゼントで送ってみるのもいいかもしれません。「おもしろい語呂合わせだよね」なんて話をしたり、一緒に食べながら昔の受験のエピソードを話して、家族でリラックスするのもおすすめですよ。

クロスメディア・パブリッシング

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
クロスメディア・パブリッシング

2005年創業。ビジネス書・実用書を中心とした書籍出版や企業出版、メディア・コンテンツ事業、デザイン制作事業などを手がける。

主な刊行書籍に、20万部突破の『誰からも「気がきく」と言われる45の習慣』をはじめ、『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』 『起業家のように企業で働く』 『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』 『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』 『自分を変える習慣力』 『鬼速PDCA』など。