結婚生活は耐えてこそエラい? 「女性が我慢」の現実はいつまで続くのか…

周囲に結婚生活の相談をすると「もっと我慢して」と言われたり、離婚をすると「我慢が足りない」と言われた経験がある人は少なくないでしょう。結婚生活を語る上で欠かせないのが「我慢」です。

結婚は生活であり、価値観も生活習慣も異なった者同士が生活するわけですから、ある程度の忍耐は必要です。一方で、何でも我慢さえすれば問題が解決するわけでもありません。

ともすれば「女性が男性に合わせる」ことが多い現実

夫婦で話し合いを重ね、お互い平等に妥協点を見つけられれば問題ありませんが、結婚生活においては女性が我慢することになるケースは少なくありません。

続きを読む

イメージしやすい例として、夕食に晩酌用のおつまみを作るかどうかというケース。

女性が「旦那さんは家族のために頑張って働いてくれるんだから、おつまみの1品くらい作りなさい」といわれることがあっても、男性が「奥さんは頑張って家事も育児も仕事もしてるんだから、おつまみなんて我慢しなさい」とはいわれにくいでしょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

都内在住のフリーライター。専門は夫婦関係とモラル・ハラスメント。子ども2人と愛猫が日々の癒し。