ゴーン劇場「エピソード2」 レバノンに逃げても安住の地にはならない!?

Mo-padri / Shutterstock.com

金融商品取引法違反で2018年12月に起訴された元日産会長のカルロス・ゴーン被告が、裁判を前にレバノンに逃亡。2018年11月の逮捕以来、映画のような展開が続くゴーン劇場ですが、レバノンでエピソード2が始まることになりました。

ただし時を同じくして中東情勢が緊迫化しており、政情不安のレバノンはゴーン被告にとって安住の地となりえない可能性もあります。ゴーン劇場エピソード2はどのような展開となるのでしょうか?

続きを読む

ゴーン劇場の幕開けもプライベートジェット

世間を驚かせた逮捕が行われたのが2018年11月。ゴーン劇場は羽田空港に着陸したプライベートジェット機内での逮捕から幕を開け、作業員に変装した姿で拘置所から釈放されるなどの見せ場を経て、次は2020年に始まる裁判を待つのみの状況となっていました。

しかし2019年の暮れ、日本が年末年始の休暇モードの中、ゴーン被告は楽器ケースに隠れチャーターされたプライベートジェット機で関西空港からレバノンへの逃亡に成功し、再度世間をアッと言わせることになりました。

レバノンってどんな国?

レバノンと耳にしても、ほとんどの日本人には中東の遠い国というイメージしかないでしょう。レバノンはイスラエルとシリアに囲まれた国家で、面積は10,452㎢、日本の岐阜県(10,620㎢)に相当する広さです。

国内では岐阜県の面積は広い部類に入りますが、国家という観点からは決して広くはありません。また人口は約610万人と推定されていますが、これに近いのは千葉県の約620万人です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 石井 僚一
  • コラムニスト/元ベンチャーキャピタリスト

岡山大学法学部卒。大手証券グループ投資会社を経て個人投資家・ライターに転身。株式市場や個別銘柄の財務分析、為替市場分析を得意としている。ライターとして複数媒体に寄稿中。