「長男の嫁」VS「次男の嫁」令和の時代、どちらが大変?!嫁たちの証言

都会の方ではあまり耳にすることのなくなった「本家」「長男の嫁」という言葉。夫の両親と同居する人も減り、昔のように親族が集まってワイワイ過ごすこと自体も減少してきました。しかし、そんな世相と相反し、今もなお大変な思いをしている長男の嫁もまだまだいるようです。また次男の嫁ならではの大変さも。それぞれ嫁の立場からみていきましょう。

かわいがられてきた長男。その嫁が頑張るのは当然?!

昔よりは減ってはきているといわれている「跡継ぎ」という考え方。最近では長男と同様に次男も大切にする家庭が増えてきているとされています。しかし、実際に成人した次男の方に話を聞くと「親は無意識に兄貴を大事にしていた」「親の期待度が違うのは明らか」という声が聞こえてきました。その問題は根深く、お互いが家庭を持ったあとも続いているようです。

続きを読む

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

日用品メーカーにて宣伝・広報部門に勤務、パブリシティ活動を中心とした商品の魅力を伝える仕事を経験。
その後、都心でのOL生活を経て現在は2児の母として育児に奮闘する日々を送っています。
育児や日常に関する、お得な情報やクスリと笑えるような話題の共有・共感ができるような記事を目指しています。
育児や婚活、人間関係や社会問題の悩みなどを専門に、身近な話題を中心に執筆中。