「終活」は元気なうちに。「もしも」の時に備える準備は親子ともに良いことだらけ!?

ちなみに生前贈与の賢い使い方として、「教育資金の非課税の特例」を使うことも検討しましょう。この特例は2021年3月31日の期間限定ですが、孫や子などの直系尊属への教育目的の一括贈与が、合計1500万円まで非課税になります。いくつか注意することがあるので、税理士などに相談してみてください。

「もしもの時」に備えておくために、いま何をするべき?

親の資産を整理するなかで、そもそも「親の老後資金は足りるのか?」と心配になる人もいるでしょう。事実、年金だけでは老後資金は賄えないという声もあります。厚生労働省が発表した『年金制度基礎調査 平成28年』(政府統計)を見ると、多くの高齢者が年金収入だけでは生活費が足りず、他の収入で賄っていることもわかります。

これから年金をもらう人としては、何をやっておくべきか気になりますよね?ポイントは、早いうちから計画的に、個人年金や保険金などに金融資産をシフトすることです。ちなみに「年金の受給開始を遅らせると得」ということも言われていますが、82歳より長生きするとすればという条件付きです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。