年金には頼れない!? 今年から老後資金を貯めたい人がやるべき5つのこと

老後の生活をイメージする

老後までの長い時間、確実にお金を貯め続けなければならないのは確かなのですが、人間は先が見えていないとなかなか行動に移せないもの。

つまり、漠然と「老後困るだろうから…」というだけで貯金を続けるのは難しいのです。そこで、まずは老後の生活を具体的にイメージすることから始めてみましょう。

今の生活水準を保ちたいのか、今よりいい生活をしたいのか、それとももう少し質素な生活でいいのか。それによって毎月の生活費が変わります。

年に1回は海外旅行したいとか、キャンピングカーを買って日本中を旅したいとか、さまざまな夢があると思うので、楽しい老後を過ごすにはどのくらいのお金が必要なのか、そして老後資金をしっかり準備していなかったとしたらどんな生活になってしまうのかをイメージしておくと貯金のモチベーションになるでしょう。

老後必要な金額を計算する

老後の生活をイメージすると、毎月の生活費や年間通しての娯楽費などが計算できてくると思います。必要な金額から年金を差し引いた分が自分で貯めなくてはいけない金額です。それをまずは知ることが重要です。

受け取れる年金額は、あくまでシミュレーションではありますが日本年金機構のねんきんネットで試算が可能です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。