日経平均は中期的な上昇トレンドに。来年の不安材料は?

【日経平均株価】テクニカル分析 2019年12月29日

海外勢はクリスマス・年末休暇へ。閑散とした相場で値動きも小さい

2019年12月27日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は、前日より87円20銭安の23,837円72銭となりました。反落ですが、下げ幅はそれほど大きくありません。クリスマス休暇や年末年始を前に、海外勢の参加が少なく相場は閑散といったところ。

実際に売買代金も少なく、東証1部の売買代金は、活況の目安とされる2兆円を連日下回りました。

特に25日には、概算で1兆992億円と、今年最低となり、2012年12月12日(1兆627億円)以来、7年ぶりの低い水準となりました。その後も売買代金は伸びず、26日は1兆3571億円、27日は1兆4332億円でした。

続きを読む

今週の展開はどうなるでしょうか。米国株は好調で、27日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、前日比23ドル87セント高の28,645ドル26セントと過去最高値を更新して終えています。

日本株も連れ高になるといいのですが、今週の取引は30日の大納会1日のみです。ちなみに、「大納会はご祝儀相場で上昇が期待できる」とも言われます。今年は上昇して終わるのでしょうか。

ただ、実際の結果を見ると、2018年(▲63円)、2017年(▲19円)、2016年(▲31円)と、3年連続で下落しています(いずれも大納会と前営業日の終値との差)。

といっても値動きは小幅です。参加者も少ないので、買うにしても売るにしても、大納会で大きな仕掛けは禁物かもしれません。

むしろ、新年の動きがどうなるのか気になるところです。カギの一つはやはり米中の通商交渉問題です。2019年は、交渉の進捗を巡り相場が翻弄されました。第一段階の合意が2020年1月に調印される見込みですが、先行きは楽観できません。

さらに不安材料になりそうなのが米トランプ大統領の言動です。現状は通商交渉に進展が見られるものの、秋の大統領を控え、支持率向上のためにトランプ氏が再度、強硬姿勢に転じるリスクもあります。年明けはまず、その言動に注目したいところです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
下原 一晃

マーケティング会社、リクルートなどを経て、PRプランナー・ライターとして独立。
株式投資、投資信託をはじめとする資産形成や、年金、相続などに関する情報提供を行っている。あわせて、個人投資家がテクニカル理論を身に付けるためのヒントや知識の紹介にも取り組んでいる。
日本テクニカルアナリスト協会認定テクニカルアナリスト(CMTA)。