不倫にはまる女性が「正月」に冷静になる理由~年末年始は「不倫・ダメ恋」に要注意~

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

キレイでコミュニケーション力もあるのになぜか独身のままアラフォーに…という未婚男女に多いのが、「若い時に不毛な恋に突っ走ってしまった」ということがあります。

頭ではわかっていながら、なぜかうまくいかない」という方もいるかもしれません。特にクリスマスから年末年始にかけては要注意な時期です。平常心を保って冷静な判断をしましょう。

不倫にはまる女が冷静になるのが「正月」

続きを読む

不倫中の男が「妻とは別居している」「離婚するつもりだ」と散々愛人に伝えていたとしても、正月は家族で過ごすのが定番です。

Aさんの彼氏は会社の上司でした。同じ職場のため、いつも会え、時には一緒に出張も行っていたそうです。

Aさんは「いつかは別れなければならない」と思いながらも、話も聞き上手で仕事の悩みも共有でき、責任感のない関係の居心地の良さにはまってしまいました。

しかし、正月休みの期間に猛烈にむなしくなったそうです。同級生からの年賀状には家族写真もちらほら。それなのに自分は他人の家族を壊している存在です。

そこでAさんは上司との関係を解消して、婚活を始める決意をして結婚相談所に入会します。しかし、30人の男性に申し込んでも全員からお断り。向こうからの申し込みで会った男性とは、全く会話が成立しなかったとか。

結婚相談所のコンシェルジュから「もう少しターゲットを広げてはどうでしょうか?」と提案され、渋々条件をゆるめますが、若さを無駄遣いして婚活スタートが遅くなったことを後悔したそうです。

Aさんの不倫相手のような、「仕事ができてコミュニケーション力があり、自分と同じかそれ以上のスペック」の独身男性は結婚相談所には少なく、いたとしても相手からは断られます。Aさんがそういう男性と付き合えたのは2番目だからなのです

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
田中 菊乃
  • 田中 菊乃
  • 恋愛・婚活コンサルタント/コラムニスト

29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。初めて彼氏ができただけではなく派遣からキャリアアップして正社員になったという方も多い。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。ご興味ある方は、ブログをご覧ください。