夫には新品の服を…?「冬の帰省にともなう出費」妻たちの不満とは

年末年始といえば、なにかとお金がかかる時期ですよね。それに加え、帰省に伴う出費まで発生してしまいます。

「帰省にかかるお金は必要経費だ」と割り切ってしまいたいところですが、なかにはモヤモヤしてしまう出費も少なくありません。大きな声では言えない金銭面の不満を、妻たちにこっそり聞いてみました!

帰省にかかる出費に嘆く妻たち

たった数日間の滞在なのに、あれよあれよと出費がかさむ帰省期間。一体どのような費用が発生しているのでしょうか。

続きを読む

・「わが家と義実家は飛行機で行き来する距離なので、小学生の子ども2人を連れていけば旅行並みの交通費がかかってしまいます。しかも、繁忙期である年末年始は普段より高い料金に…。お正月とお盆だけとはいえ、痛い出費です」

・「マイカーを持っていないので、帰省のたびにレンタカーを借りています。数日間借りれば、料金は数万円に…。子どもが小さいうちは、長時間の移動に伴う苦労もありました。金銭的にも体力的にも辛いです」

・「義実家での滞在中は外食の回数が増え、子どもの退屈対策にお菓子やおもちゃを買わなければなりません。つい財布の紐が緩んでしまうので、普段以上の支出が発生します」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。