2019年の「貯蓄」に満足している人は1割?お金が「貯まる人」と「貯まらない人」の違いはここにあった!

貯まる人は「先手必勝」で貯金を確保

「毎月これくらい貯金したいな」と思うのに、月末に預金残高を見るとそんな金額は残っておらず、「今月も貯金できなかった…」と後悔する…といったことの繰り返しになっていませんか。

月々の手取り収入から食費や日用品費といった生活費、こどもの教育費などを支払っていき「残った分を貯金する」という方法は、「貯まらない人」の典型的なパターンです。

「貯まる人」たちは、貯金を後回しにしません。「先手必勝」で、その月の収入が発生した瞬間に、貯金する分を先取りしてしまいます。

とはいえ具体的にやることは、給料日に専用の口座にお金を移すだけ。給与振り込みの際に自動で口座を振り分けるようにしておけば、自分でお金を出入金する手間が省けて便利です。

先取りで貯金分のお金を確保したら、たとえ生活費が予想以上にかさんでしまっても、専用口座には手を付けない、という強い意志を持ちましょう。

「分かっていてもついつい手をつけてしまいそう…」という人は、貯金用の口座をあえて使いづらい金融機関で作ってみてください。近くに窓口やATMがないなど、「物理的にお金を引き出しにくい」状況をつくり出すことで、「手元のお金でなんとかやりくりしよう」という決意が固まります。

給与口座から自動で引き落とされる積立式の定期預金を契約するのもよいでしょう。預けたお金の引き出し制限期間が設けられている場合が多いため、こちらも「ついつい貯金に手をつけてしまいそう」な人におすすめです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。