猫マンガ家も携帯する「レスキューカード」 あなたも考えてみませんか?

熊沢さん作のレスキューカード。6匹の特徴がわかりやすく描かれています。

Twitterではペットに関する投稿が数多く見られます。かわいい写真や動画もたくさんありますが、ペットの健康や安全に関するツイートも少なくありません。

猫漫画誌「ねことも」に連載を持つ漫画家・熊沢楓(@kmzwked)さんは、自宅にいる6匹の猫たちの「レスキューカード」を自作していて、運転免許証と一緒に持ち歩いているのだそうです。

熊沢さんはひとり暮らし。熊沢さんにもしものことがあると、6匹の猫たちはごはんを食べることもできなくなってしまいます。もしものときには、熊沢さん自身の口からは猫のことを誰かに頼むこともできなくなるかもしれないのです。それは猫たちにとっても生命の危機です。

続きを読む

そんなときのためにペットの飼い主は熊沢さんのようにレスキューカードを持ちます。「家に猫(ペット)がいます」、それを伝えて保護をお願いするカードです。最近では市販のものもありますが、熊沢さんはご自身でわかりやすく猫たちの絵を入れたものを作成なさいました。

ペットとともに生活するのはとても楽しく、癒やされるものです。しかし、それだけのものではありません。ペットも人間と同様、生命あるものですから、彼ら彼女らが安全・快適に生きていけるよう飼い主が気をつけなければなりません。

ペットの安全・健康・快適な生活を整えるのは飼い主の義務です。たとえ飼い主がいなくなってもペットたちは無事でいられるよう、あらゆる手段を講じる必要があります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

主な執筆分野は漫画・アニメ・映画・ゲーム・アイドル歌謡・懐メロなど2~2.5次元のサブカルチャー。
精神障害・性同一性障害・同性愛・虐待サバイバーの当事者で、これらについての記事を書いたり講演などもしています。
1年中アロハで髭でつるつる坊主なのでよく怖がられますが、怖くないです。好きなものはねこ・甘いもの・変なもの。
Twitter:@ezawa_sanjo