お金持ちが絶対にしないお金の使い方。じゃあ何に使ってるの?

皆さんご存知の通り、エルメスのバーキンといえば、今では200万円はします。2000年代始めのユーロが導入された頃は30万円ほどで買えたのにも関わらず、です。

しかも、新品を購入するのは至難の技で、ふらっとお店に入った人が購入できるということはほとんどありません。特に素材や色が良いものは外商担当がお得意さまに案内してしまいまうので、店舗で見かけることはまずないといえます。

このように何年経っても「需要 >供給」の構図を維持し続けているアイテムというものは流行の移り変わりが激しいファッション業界では珍しいですが、バーキンはどんどん資産価値が高くなっているのです。

実際に、インターネットで高級バッグを再販するバッグハンター(Baghunter)の調査によると、バーキンの価格は、1984年の発売当初から一度も下落することなく、毎年その価値が約14%上昇しているとのこと。

デザインが安定していて、希少価値があり、根強い需要も世界的にあるので、この価格上昇は今後も続くと想像できます。すなわち、ここにも「資産価値」という視点があるのです。

おわりに

一般庶民が数百万円のバーキンや高級時計などを購入するのはハードルが高いでしょう。しかし、一生モノの買い物であり、将来値上がりする可能性も考えると、下手な投資をするより価値があるかもしれません。

バーキンに限らず、お金持ちにならい、必要なもの・価値があるものを見極めて、普段から将来ムダにならないお金の使い方をすることが大切ですね。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。