「妻」だけが家計管理をしている家庭はどれくらい?夫婦のお金にまつわるトラブル、「落としどころ」とは

金銭感覚のズレから揉めてしまうきっかけになりやすいと言われているのが、「子どもの教育費に関する問題」です。
公立校に進学するのか、それとも学費が高くても私立校に通わせたいのか、習い事や塾には毎月どれくらいの費用をかけるのか…等々、子どもにまつわるお金の話題は成長とともに増えていきます。

また、普段の買い物の支払いが「現金派」か「クレジットカード派」か、という点でも2人の認識に大きな違いが生じる場合があります。

特に、自分が日頃から現金で支払うタイプの人が、クレジットカードを頻繁に利用してネット通販などで買い物をするパートナーに対して、多額の利用明細書や請求額のお知らせメールを見て怒り心頭!というパターンが多いようです。

クレジットカードは「お金を使っている」という意識が薄れがちなため、ついつい買い過ぎていつのまにか毎月の請求金額が膨らんでしまっている、ということがあります。アプリやカード会社のマイページでこまめに利用額を確認して、「いつ、何に、いくら使ったのか」というお金の流れをきちんと把握する、パートナーが現金派の人はなるべく自分も現金での支払いを心がけるなど、クレジットカードとの付き合い方を見直してみましょう。

「おこづかい」をめぐる夫と妻それぞれの言い分

夫の収入がメインで専業主婦やパートとして働く妻が家計を管理しているといった場合に、「毎月のおこづかいの額を増やしてほしい!」という夫と、『家計に余裕がないのにおこづかいを増やすなんて無理!』という妻で喧嘩になってしまう、というのもよくあるパターンです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。