もしかしたら私も!?気づいていないのは本人だけかも「イタイ親」エピソード集

実は本人はいたって普通の親、いえ…良い親とすら思っているかもしれません。でも、他人から見たら「それはちょっと…」という言動をしている人がいます。

今回は、そんな「イタイ親」のエピソードを集めました。もしかしたら、あなた自身も知らないうちに「イタイ親」になっていませんか!?

息子自慢はほどほどに…

「中学生くらいになれば、誰が誰と付き合ったとか、恋愛話もちらほら出てきます。でも、それはあくまで子ども同士の中でだけだと思っていたんです。

続きを読む

息子と同じクラスのA君のママ、一部のママ友の中で『イタイ母親』として噂の的になっていました。
というのも、ママ友同士のLINEで『自分の息子がどれだけモテるか』というエピソードを、度々話題にあげてくるというのです。『今の彼女は2人目』『自宅に後輩の女の子が訪ねて来た』『次は遊園地デートに行く』などなど。

そこまで我が子の恋愛事情に首を突っ込んでいることも、報告される相手の女の子のことを考えない言動も、私にはイタイ親…いえ、大人としてイタ過ぎて、話を聞いたときは呆れてしまいました。」

世話を焼き過ぎる、イタイ親

「お友達のお宅に遊びに行った娘。帰ってきてから衝撃の話を聞きました。遊びに行ったお宅のお子さんは、食べ終わったお菓子の袋や使い終わったティッシュなど、ゴミをゴミ箱に捨てずにその場で床にポイ捨てするのだそうです。

そして、そのポイ捨てされたゴミは、お母さんが何も言わずに拾い集めているといたのです。娘は小学校高学年ですが、さすがにこの姿は衝撃的だったようで、驚きながら私に報告してくれました。この話を聞いた時、このお宅とは深く関わらないようにしよう…と思いました。」

突然キレる親

「これは私の母のことです。第一子を妊娠して、里帰り出産を予定していた私は、臨月になってからは実家のお世話になっていました。出産予定日も近付いてきたある日、母が突然『もう我慢できない!出て行け!!』と怒りだしたのです。感情的になる母をなんとかなだめ、理由を問いただしたところ『嫁にいった娘の世話をするのが耐えられない』と言うのです。

今回の里帰りは、別に私が無理矢理頼み込んだわけではありません。事前に相談して、母も快く受けてくれたので、里帰り出産に決めたのですが。その後は、主人が予約してくれた産院近くのホテルに宿泊しました。私が子ども時代の時も、突然分からない理由でキレる母でしたが、さすがに今回の件は私も堪えました。出産後、病院に孫の顔を見に母がやってきましたが、その後は極力関わらないように努めています。」

自主性を重んじているように見えるけど…

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。