お金持ちは「ポイント」を何に使う? 富裕層に聞いたキャッシュレスとの付き合い方

私たちの生活に新たなムーブメントを起こしているキャッシュレス化の波。今やQRコード決済やポイントの活用も当たり前になってきました。そんなキャッシュレス化の波に、お金持ちはどう対応しているのでしょうか。今回は、富裕層の人たち4人にキャッシュレス化やポイントとの付き合い方について聞いてみました。

お金持ちほどキャッシュレス化が早い?

話を伺ったのは30代~60代の4人ですが、すでに全員がキャッシュレスを活用。スマホを利用しPayPayや楽天ペイなどで決済したり、PASMOやSuicaなどの交通系ICカードで支払ったり、dポイントやTポイント、楽天ポイントなどを使うことも多いと言います。いくつかアプリをダウンロードし、キャンペーンを実施しているサービスで決済を行うなど、おトクな方法もよく知っていました。

続きを読む

30代自営業のAさんは「PayPayの使い勝手がよく、毎日のように利用している」と語り、40代自営業のBさんは「コンビニなどのちょっとした買い物は交通系ICカードが便利。レジで時間を取らない。スーパーなどではクレジットカードを利用することが多い」と言います。Aさんのようなヘビーユーザーもいれば、Bさんのように時と場合によって決済方法を変える人もいるようですね。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
  • 大塚 ちえ
  • コラムニスト/ファイナンシャルプランナー

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)資格保有。新卒から一貫して証券会社に勤務し、国内株やFX、CFD、先物・オプションなどデリバティブ商品の営業企画に従事。スポーツと音楽が趣味。金融機関勤めで得た知識と経験で、貯金・節約から投資までお金に関する悩みに向き合う。「くらしとお金の経済メディア LIMO」のほか、「Mocha」「DRESS」「CHANTO WEB」などに執筆。