婚活で「年収400万円は低い」と断言する年収200万円の女性の闇

大体の女性は相手の男性の年収にいくらか希望額を持っています。スペックよりは価値観という方もおりますが、婚活アプリや結婚相談所といった婚活方法だとバーンと相手の年収が表示されるのでより気にしてしまう傾向はあります。

その中でも強く相手の年収や学歴にこだわる女性がおります。2タイプあって、ご本人も高学歴で高所得の場合。自分と同じかそれ以上の年収を求める方はおります。
まぁ、分からなくもないかもしれません。

もう1タイプは「自分は年収が低い」のです。派遣社員や契約社員で年収200万円台という女性も多い。そうした女性が「年収400万円は低いよね。せめて結婚相手は500万円はないと」とか割と平気で言うのです。派手な子もいますが、地味で大人しそうな子もおります。学歴も低い場合もあれば、有名大学を卒業して実家暮らし事務職という方もおります。

だったらお前が試しに稼いでみろと思いますが、その子(子と呼べる年齢ではない方も多い)たちがなぜ高収入男性を狙うのか説明します。

割合で考えられず、世間の「普通」を知らない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
田中 菊乃
  • 田中 菊乃
  • 恋愛・婚活コンサルタント/コラムニスト

29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活を綴ったブログが「分かりやすい」と人気になり独立。ご相談にくる方の約4割は一度も交際経験がない女性。初めて彼氏ができただけではなく派遣からキャリアアップして正社員になったという方も多い。著書「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。ご興味ある方は、ブログをご覧ください。