40代3人の子持ち主婦「また働きたい!」…再びキャリアを築いた方法とは

「子どもも自分のことは自分でできる年齢になり、そろそろ仕事に復帰しよう…と考えていた矢先、3人目の子の妊娠が発覚しました」と語るのはSさん。

しかし、Sさんの3度目の妊娠生活は、妊娠悪阻や妊婦糖尿病を経験するなど、決して順風満帆なものではありませんでしたが、それでも無事元気な子を出産することができました。

出産後、ようやく体調が回復したSさんは「今度こそ、働きたい」と考えますが、今度は、夫の転勤話が持ち上がってしまいます。再び働きに出ることは断念せざるを得ませんでした。

続きを読む

「在宅ワーク」との出会い

それでも、本来働くことが好きだったSさんにとって、再び長期間社会と離れることは心に引っかかりました。「何か方法はないのか」と、スマートフォンでいろいろ検索したところ、自宅で働く「在宅ワーク」という働き方があることを知ったのです。

「『これなら、子どもが小さくても、万が一また引っ越すことになっても、どこでも働き続けることができる』。そう思ったんです」と語るSさん。

では、ここで、在宅ワークに関する基礎知識についてみてみましょう。

自宅で働くことを希望する子持ち女性が増えている

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。