「家計簿=貯金するなら必須」ではない!こだわりすぎても貯まらない!貯金失敗例3選

「貯金を増やす方法」としてよく挙げられるのが、「家計簿をつける」「節約に取り組む」といった内容ですよね。たしかに、こういった手段は支出を抑えるために大事なこと。しかし、「具体的なやり方が分からない」「効果が感じられなかった」という声も少なくありません。

そこで今回は、「失敗例」をもとに貯金の方法を一歩踏み込んでお伝えします!一度諦めかけた方も、リベンジのヒントにしてくださいね。

家計簿アプリで効果が得られなかった

続きを読む

自分の金銭状況を把握するため、家計簿をつけるのは大切な習慣です。最近ではさまざまな家計簿アプリも登場し、より手軽に支出状況を記録できるようになりました。

ところが、なかには「家計簿をつけたのに貯金が増えない」「アプリを使いこなせない」という人もいるようです。せっかく貯金に取り組もうと思ったのに、思うように効果が出ないとモチベーションが下がってしまうでしょう。

このようなケースは、
・支出状況が分かっただけで終わっている
・アプリで設定する項目が多すぎて対応できない
という理由が考えられます。家計簿をつけることが目的になっていて、肝心の貯金を増やすステップまでたどり着いていないのでしょう。

そもそも、お金の管理は家計簿をつけないとできないわけではありません。給料や公共料金・クレジットカードの支払いを1つの銀行口座に絞れば、その口座を見張っているだけで支出状況を確認できます。1つの手段に固執するのではなく、自分にあった方法で家計を管理してみてくださいね。

余計な買い物をしてしまった

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。