税金から考える、節約NG集~効果的な節約が貯蓄の基礎~

日常の何気ない支出の際に、支払う金額の実際の価値について考えたことはあるでしょうか。例えば昼食代で600円払うとします。この「600円」の支払いを可能にするには平均として「1,000円」を稼ぐ必要があります。所得には税金と社会保険料がかかるからです。

年収1000万円以上になると負担は急増

財務省の報道発表(*1)によると、租税負担率と社会保障負担率を合計した「国民負担率」について2019年度は42.8%となる見通しです。すなわち国民の平均で1,000円稼いでも手取りは約600円ということになります。

続きを読む

しかも日本では、所得が増えるにしたがって税率が急ピッチで上がっていく「累進課税制度(*2)」がとられています。「お金があるところから徴収する」という、ある意味では公正なシステムです。

しかし国税庁のデータをもとに作成された日本経済新聞の調査結果(*3)によると、2016年度の所得税納税額の約半分が、給与所得1,000万円以上(給与所得者全体の4.2%)によって負担されていることが分かっています。

このように、物やサービスを購入・利用する際には、実質的に必要となる労働収入について考えることで、不必要な支出を減らすきっかけになるかもしれません。そして支払い税金の額が大きいため、「高所得者ほど節約すべきではないか」といえるのではないでしょうか。

税金分を投資による利益で補う?…実は節約が「最強」手段

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。