新卒の3割が3年で辞める…大企業は自分の「市場価値」を高められない?

「新卒の3割が3年で辞める」というのは、よくいわれることです。そして近年、難関といわれる大企業に入社しても、3年未満で退職する若者が後を絶たないことが話題になっています。

今回は、大企業に入社した若者がなぜ「退職」という道を選ぶのか、大企業に入社するデメリットとともに、その実態を紹介します。

「3年で3割辞める」というのは、本当

厚生労働省が公表した「新規学卒就職者の離職状況」によると、2015年3月の新規大卒就職者の、就職後3年以内の離職率が「31.8%」となっています。「3年で3割」というのは、あながち間違いではないようです。

続きを読む

少子高齢化が加速するなか、大企業といえども若い働き手は貴重です。「働き方改革」や給与の増額など、若い社員を引き留めようと企業は工夫を重ねています。

しかし、狭き門をくぐり抜けて大企業に入社した若者であっても、3人に1人は別の道を歩む、という現実を変えるには至っていないようです。

大企業に入社するメリット・デメリット

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。