1年間で孫に使った平均額「12万円」孫出費で老後資金を確保できない祖父母が急増中!?

「可愛い孫のため、つい奮発してしまった…」という祖父母世代の人も多いのではないでしょうか。孫の喜ぶ姿が嬉しくて、財布の紐がゆるんでしまうこともありますよね。

ところが、なかには貯金に充てるはずのお金まで孫出費となっているケースもあるようです。とくに七五三などの行事では、一度にお金がかかって苦労することも。そこで今回は、祖父母世代の孫に関する出費について見ていきます。

祖父母世代の孫出費はいくら?

世間の祖父母たちは、孫たちにいくら費やしているのでしょうか。ソニー生命保険株式会社が実施した「シニアの生活意識調査2018」をもとに、孫出費の相場を見ていきましょう。なお、この調査は50~70代の男女1,000人(そのうち孫がいる男女は337人)に対して行なったものです。

続きを読む

この調査によると、「孫のために1年間で使った金額」に対する最も多い回答は「5万円~10万円未満」(21.8%)という結果に。平均金額は12万8269円となり、2017年に比べ1万2210円増加しました。

では、その内訳もチェックしてみましょう。1年間で孫のために使ったお金を項目別に分けると、以下の順位となりました。(複数回答可)

1位:「おこづかい・お年玉・お祝い金」(75.1%)、
2位:「一緒に外食」(53.1%)
3位:「おもちゃ・ゲーム」(41.2%)
4位:「衣類・ファッション」(32.0%)
5位:「一緒に旅行・レジャー」(30.0%)

毎年恒例のお年玉やおこづかいに加え、行事ごとのお祝い金に関する出費が多い傾向にあるようです。孫の成長を祝いたい一方、経済的な負担に頭を悩ませている人も多いのでしょう。

七五三にはいくらかかる?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。