振り込み詐欺、ストーカー、DV被害…犯罪を防ぐために“全国防犯協会”が公開している対策とは

女性が犯罪に巻き込まれないための対策についてご紹介します。

女性のDV被害対策

“全国防犯協会”によると、DV被害の相談件数は1日200件におよぶとされています。DVの中には本人だけではなく、その家族が巻き込まれたり、親族が巻き込まれたり、また最悪のケースでは殺人事件にまで発展したケースもあります。

夫や恋人から暴力を受けるDV被害だからこそ被害届を出すことに躊躇する女性も多いようです。ここからは女性のDV被害対策についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

【女性のDV被害対策】
◇DVと感じた時点で少しでも早く警察へ相談する
◇友人や家族の信頼ができる人へ相談をする
◇危険だと感じたら、すぐに避難をしてください
◇証拠が残るように相手の行為はすべて記録してください

ストーカー被害対策

ストーカー被害は女性だけに限らず男性にも起こっています。しかし“全国防犯協会”によると、ストーカー被害者の約90%が女性だとされています。

ストーカー犯罪は、最悪の結末を迎えるケースも少なくありません。そのような取り返しのつかない事件に発展する前にできるだけ早く対処をすることが大切だといわれています。ここからはストーカー被害対策についてご紹介していきますので、ぜひ参考になさってください。

【ストーカー被害対策】
◇ストーカーだと感じた時点で、すぐに警察へ相談をする
◇はっきりと自分の意思を示す
◇危険を感じたら、迷わずにすぐ避難をする
◇友人や家族の信頼ができる人へ相談をする

◇証拠が残るように相手の行為はすべて記録してください
◇相手に知られないように個人情報は細心の注意をする

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「犯罪に巻き込まれないために、どんな対策をやるべきなのか?」について“全国防犯協会”が公開している対策を一部ご紹介してきました。“全国防犯協会連合会”は、「安全で安心な社会の実現」をスローガンとした、行政や警察、住民や地域・職域のボランティアと連携して活動を続けている団体です。

日本で発生する犯罪に対して真剣に取り組む団体なので、ここでお伝えした内容は信頼できると思います。ぜひ、あなたの防犯対策に役立てていただければと思います。

参考:全国防犯協会連合会

蔵田 哲郎

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

熊本市中央区出身
 
私は8年ほどWebビジネスに携わってきました。
その中でブログ・メルマガ・SNS運営等を経験する中でライティングを学びました。
 
今はそこで得たスキルを活かしてフリーライターを専業とし、護身術・格闘術の道場運営を兼業しています。
 
職業
・フリーライター(経験6年)
・護身格闘術 創始者、代表師範
・日本拳法 拳勝会 代表
・熊本県日本拳法連盟理事
 
【護身格闘術教室を運営】
 
経歴
【元SPジャパン代表】
近隣・飲み屋・男女間・金銭トラブルなど、緊迫した現場に同行する警護・トラブル解決を専門とした会社の代表を務める。
 
【元NPO法人シティーガーディアン理事長】
子どもの生活環境を日々安全に暮らせるように犯罪防止・事故防止のためのパトロールや地域安全運動、いじめ・非行・登校拒否の子ども達への自立支援活動に寄与することを目的としたNPO法人の理事長を務める。