お金持ちに近づく第一歩は「混雑を避ける」。お金持ちが「混雑」を嫌う理由とは

「お金持ちは一体、どこにいるのだろう」と疑問を持っている人も、結構多いのではないでしょうか。お金持ちといっても、一人ひとり価値観も異なるので、「必ずここにいる」と断定可能な場所はありません。その逆に「この場所にいることはない」ということは可能です。それは、「人混みで混雑している場所」です。

人混みを嫌い、混雑しない場所を好むような気質を持つことがお金持ちに一歩近づく秘訣と言えるかもしれません。

逆バリで合理的思考だからこそお金持ちになれた

続きを読む

「お金持ち」と一口にいってもいろんなタイプのお金持ちがいます。その中でも、「ビジネスを立ち上げ、起業したタイプ」と「リスクを取って投資で稼いだお金持ち」については、「逆バリ」という発想を持っていることが多いのです。

逆バリ、というのは基本的に投資用語として使われる言葉です。多くの人が売りに出ている時に買い、その逆に買いに行くタイミングで売るという大衆と逆の行動をすることをいいます。最近ではビジネスシーンでも「大衆の真逆を行く行動」を指して「逆バリ」と呼ぶ人もいます。

お金持ちは逆バリ思考の持ち主です。筆者の知人に仮想通貨で総資産50億円以上を築いた人がいます。彼は仮想通貨の可能性について熱心に調べ上げ、時には海外の研究論文まで読み漁って「いける」と確信したのです。誰もが仮想通貨などに見向きもしない中、彼は淡々ととある通貨を買い進めて、2017年末の狂喜乱舞のバブル期のタイミングで一気に高騰したことで1,000倍近くの値上げを経験しています。

「逆バリ」などというと、一か八かのギャンブルのような感覚を覚える人もいるかも知れません。しかし、そうではなく冷静で合理的な判断の元、「期待値」を考慮して勝ちにいっているのです。

日常でも使える逆バリ思考

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
黒坂 岳央

シカゴの大学へ留学し会計学専攻。大学卒業後、東京で会社員を経て独立。

フルーツギフトのビジネスに乗り出し「肥後庵」を代表。

ビジネスジャーナリスト、作家、講演家。投資家でもあり、株式・国内外の不動産・FX・仮想通貨などに幅広く投資。

資産数十億円超のビリオネアとの投資やビジネス経験を活かして、『年収1億円超の起業家・投資家・自由業そしてサラリーマンが大切にしている習慣 “億超えマインド"で人生は劇的に変わる!』を著書に持つ。

英会話スクール・語学留学より圧倒的に低コスト&最短最速で身につく「英語多読の入門講座」を無料動画で開講中!