浴衣は自宅で洗える!プロが教える「洗い方」と「しまい方」(前編)

今年も花火大会や夏祭りで多くの浴衣姿を見かけました。
皆さん、浴衣を着たあとはどうしていますか?クリーニングに出している方も多いと思いますが、実は浴衣も自宅で洗うことができるんです。

今回は、浴衣を自宅で洗う方法としまい方のコツを前後編にわたりご紹介します。

浴衣を自宅で洗おう!洗い方の基本をチェック

1.洗濯表示を確認する

浴衣の「洗濯表示(絵表示)」に水洗いできるマークがあるか確認します。水の温度設定も見落とさずに、表示にしたがって取り扱いましょう。

続きを読む

2.色落ちしないか確認する

濃色・柄物の浴衣は、洗濯をする前に色落ちをしないか確認します。
浴衣に色柄が少しでもあったら、必ず色落ちのチェックを行うことを忘れずに。生地の裏の縫い合わせが重なってるところなど、目立たない部分でチェックしましょう。

<色落ちの確認方法>

白い布に、使用する洗剤をつけて浴衣の目立たない部分をこすります。布に浴衣の色がついたら色落ちの可能性大。

とくに、柄の中に白や淡色が含まれている浴衣は柄の中に色が移ってしまうと着れなくなってしまうので、その場合は自宅で洗うのは避けてクリーニング店に相談しましょう。移らなかった場合でも手洗いで優しく洗ってあげるのがよいでしょう。

3.シミがついている場合は前処理をする

浴衣にシミがついている場合は先にシミ抜きをします。どのアイテムを使う場合も、必ず色落ちしないかどうか確認してください。色落ちしてしまうようなら、シミの部分に直接2で色落ちの確認をした洗剤をつけ、優しく揉み洗いをしましょう。

・ファンデーションや日焼け止め

クレンジングオイルを直接汚れの部分につけて歯ブラシで一定方向に優しく擦り、すすぎます。

・食べこぼし

中性の食器洗い洗剤をシミの部分につけて歯ブラシで一定方向に優しく擦り、すすぎます。

・泥汚れ

ドライヤーを当ててしっかりと乾燥させ、歯ブラシで一定方向に擦り、泥をはらい落とします。固形石鹸をつけて歯ブラシで優しく一定方向へこすってすすぎます。

※いずれの場合において洗ってもシミが残った場合は、クリーニングに出してください。

4.浴衣をたたむ

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

ホワイトプラス
  • ホワイトプラス
  • ネットクリーニングサービス・ハウスクリーニング比較予約サービス

生活領域に特化したサービスを展開する企業です。

現在は、ネットクリーニングサービス各種と、ハウスクリーニング比較・予約サービスを提供。

衣類・靴のケアやクリーニング、ハウスクリーニング等にまつわる情報を、読者の皆様のヒントになるように発信していきます。

ネットクリーニングサービス

Lenet(衣類)ふとんLenet(布団)くつLenet(靴)Lenet PREMIUM CLOAK(保管)

ハウスクリーニング比較・予約サービス

生活手帖