「年収1000万円以上」でも金融資産なし世帯は1割。「貯蓄1000万円」めざして「ゆとり」を手に入れよう

「年収1000万円」「資産1億円」といったパワーワードに憧れを持つ社会人はたくさんいるかと思います。しかし、羨望の的であるはずの1000万円プレーヤーの中にも、意外と家計に余裕がない…という人がチラホラ。

今回は年収1000万円超の人たちの勤務先や貯蓄状況に加え、余裕ある暮らしを目指すコツについてレポートします。

平均年収1000万円を超える上場企業は?

まずは、上場企業の年収を見ていきましょう。各企業が発表している有価証券報告書を参照します。

続きを読む

2018年6月末の有価証券報告書で、平均年収が2000万円を超えているのが「M&A キャピタルパートナーズ」(2994万円)。同社はM&Aの仲介やコンサルティングを手掛ける会社。M&Aコンサル業界の年俸は業績によるところが大きいのですが、ほかにも「ストライク」(1776万円)、「GCA」(1,558万円)、「日本M&Aセンター」(1318万円)などが大台に乗っています。

ほかの業種でも、総合商社は「三菱商事」(1540万円)を筆頭に、「伊藤忠商事」(1459万円)、「三井物産」(1418万円)、「丸紅」(1322万円)、「住友商事」(1303万円)など高い年俸をキープしています。また、メディア関連でいうと民放の5大テレビ局(「TBSテレビ」「日本テレビ放送網」「テレビ東京」「テレビ朝日」「フジテレビジョン」)は、ホールディングス会社ではありますが、1000万円超の平均年収です。

これらの企業以外でも、保険、証券、不動産、カーディーラーなどの業界では、歩合制などで年収1000万円を目指すことも不可能ではありませんし、これから発展していく業界もあるでしょう。高収入にこだわるのであれば、ひとつの企業に留まる必要もありません。日々のアンテナを高くしながら学習し、チャンスがあれば、いつでも転職できる環境に身を置くことも大切です。

年収1000万円なのに金融資産なし?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。