解決策は嘘をつくことだった!?義両親からの嫁ハラに限界寸前の妻たち

世代によって、育児や家事に対する考え方は異なるもの。義両親からひと昔前の考えを押し付けられ、対応に困っているケースも多く見られます。なかには、相手を否定するような言葉を投げかけられた妻たちも。

今回は、そんな嫁ハラに耐え続けている妻たちの苦悩と、その対処法をお伝えします。ストレスが爆発してしまう前に、義実家との関わり方を見直してみましょう。

義両親から嫁ハラを受けた体験談

一口に「嫁ハラ」といっても、その内容はさまざま。実際に嫁ハラを受けた妻たちから、当時の状況を教えてもらいました。

続きを読む

・「子どもを3人育てているのに、家事が不十分だとネチネチ文句をいわれました。いつも自炊しているのに、『料理もろくにしていないんでしょ』と決めつけられたこともあります」

・「『息子がお金で困っていたら、あなたが支えてあげなさい』と告げられました。じゃあ働くしかないな…と思いきや、『子どもが小さいうちは自分の手で育てなさい』ですって。もう無茶苦茶ですよね」

・「わが家に来ては、『おもちゃが多いわね』『家は常に綺麗な状態にしなさい』という姑。小さい子がいるのに、おもちゃがあちこちにあるのは当たり前ですよね?」

・「舅に『孫は可愛いのに、嫁は可愛くないよな』と大声で叫ばれました。酔っていたとはいえ、突然そんなことを叫ぶなんて理解できません」

嫁ハラへの向き合い方

嫁に無理難題を押し付けられたケースもあれば、キツい暴言を吐かれた人もいるようですね。このような嫁ハラには、どのように向き合えばいいのでしょうか。

大切なのは「無理をしないこと」。なんとかして義両親と分かり合おう、自分の気持ちを分かってもらおうと努力しても、相手の態度に変化が見られないかもしれません。そうなれば努力が無駄になるだけでなく「これだけ頑張ったのに」とストレスを感じてしまいます。

それなら、最初から「私たちは考えが合わない者同士なのだ」と納得してしまいましょう。あれこれと頑張る必要はありません。ネチネチと嫌味をいわれたら、「自分とは違う価値観をもっているんだな」「異文化同士のやりとりをしている気分だな」と受け流せばいいのです。

義両親との関係こそ「嘘も方便」

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。