お金持ちに学ぶ、飛躍のマインド。「新富裕層」の実態とは

お金持ちと聞いたときにどんな人を思い浮かべますか?資産家や経営者、投資で成功した人などをイメージする人も多いかもしれませんね。ここでは、お金持ちの定義や特徴、また台頭する「新富裕層」についてご紹介します。

お金持ちの定義は?

富裕層ビジネスの世界では、1億円以上の資産を持つ人をお金持ちと呼ぶのが一般的です。

2018年に㈱野村総合研究所が公表した「NRI親リッチアンケート調査」においても、純金融資産保有額が1億円以上5億円未満の世帯を富裕層、5億円以上の世帯を超富裕層と定義しています。

続きを読む

純金融資産保有額とは、世帯が保有する預貯金や有価証券、保険などの金融資産合計額から負債を差し引いた金額で、不動産は含みません。

本調査によると、日本には富裕層が118万3000世帯、超富裕層が8万4000世帯存在していることがわかります。

日本のお金持ちには高齢者が少なくない

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。