「ああ、もうイヤ!」子供の反抗期に悶絶する親が知っておくと楽になる3つのコト

中には反抗的な態度を取られなくて「それほど大変でない」というお子さんもいると思います。欲しいものは何でも与えられた子供は、親子の葛藤のないまま大人になっていきます。確かの反抗期がないのは親子とも楽かもしれません。でも、社会に出たら色々な人がいます。例えば攻撃的な人と衝突が起きた時、すったもんだの耐性がないと突然会社を辞めてくる、ということもありえます。

逆のパターンで反抗期がないこともあります。親が何もかも支配して逆らえない場合や、反対に親が忙しすぎたり、親の不仲で反抗するタイミングを逃したりする場合です。過干渉でも無関心でも「反抗できない」つまり、親から自立するタイミングを逃してしまうのです。(反抗できるということは、イコール親が信頼できる、甘える対象でないとできません。)経済的に自立はしていても、精神的に自立できない、いつまでも親のせいにしたりします。

まとめ:反抗期って、ないと困るんです

今まで「お母さんお母さん」と頼っていた子供が、終始仏頂面で時おり暴言も吐く。「自分の育て方が悪かったのかしら・・」と思ってしまいますがそんなことありません、自立に必要なステップなのです。「反抗期って何であるのか?」という知識があるだけで、「クソばばあ!」の響きもずいぶん違ってきます。

子供自身が成長しているのだから、大人も成長、つまり「今までとは違う対応」が必要なのです。親は思春期じゃないので、同じ土俵に立って嵐に巻き込まれないこと、「ウザイ」と言われたくないなら「ウザイ」と言われないように手を掛け過ぎずに、そっと見守ればいいのです。正常な発達段階であるということ、子供が親から離れる大切な儀式だということが分かると、むしろ喜ぶべきことだと思えるようになります。親は子供を1人の大人として尊重する心の準備が必要です。

とはいえ、やはり反抗的な態度は頭にくるものです。そんな時は、親も学校のカウンセリング室でデトックスすることをおススメします。悩みごとが解決しなくても人に話すだけでスッキリしますし、相手は心理のプロですから色々なアドバイスをしてくれます。「物言わぬは腹ふくるるわざ」と徒然草で兼好法師もいっています。ぜひ吐き出して、スッキリして子供に接したいですね!

堀田 馨

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママです。
受験や塾やPTAの子育てネタや、それにまつわるお金のついて、自分が知らなくて困ってネットで探してもみつからなかった事を、世間のママが困らないよう&備忘録を兼ねてライティングしています。
また、先輩ママが私に教えてくれて助かった!のと同じように、学校や教育ネタについてもライティングしています。
「困った!をやっるける事」と「中学生でも分かる文章」を目指しています。
本業では、歯科と医科の ライティングをしています。  


好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中

運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE