これだけ違う!公立高校と私立高校の「授業料以外」にかかる費用は?

我が家には都立高校2年生の長女と公立中学校3年の次女がいます。都立高校希望の場合は、私立のすべり止めがどうしても必要になります。そこで、私立高校へ行くことになった場合の入学後に掛かる費用を調べました。

「私立高校の授業料無償化が全国で行われます」といわれていますが、授業料以外に掛かるお金が結構あり、同じ費用でも金額に差があることに気が付きました。気になるその内訳は?

【入学金】都立:5,650円/私立:250,000円前後

続きを読む

都立高校と私立高校の一番の違いは、進路決定後に一番最初に払うお金、入学金ではないでしょうか?

長女が都立高校入学した時、正直一番ホッとしたのはこの入学金支払いを郵便局でしたときでした。もちろん私立高校に行く場合も想定していたので、お金の準備はしていました。でも、手元に準備するのは後手後手になり、実際お金をセッティングしたのは都立高校の一般入学試験の後、発表までの一週間の間でした。

試験に落ちた時のダメージは、親子とも想像以上に大きいのです。「しっかりしなきゃ!」と思うけれど、親の方も雲をつかむような心持ちです。都立に落ちた場合、翌日の昼までに私立の入学金の振込をしなければいけません。2~3万円ではなく、20~30万円という大金です。そのあとも入学まで出費に次ぐ出費です。なので、お金の準備はなるべく早い段階しておきましょう。

意外だったのは、学校からの指導です。都立の一般入試の合格発表を見に行く前に、併願優遇/一般入試で受かった私立高校の書類を持っていくようにという指導があったそうです。手続きが滞って大変だった、という事例があったのかもしれませんね。

【教科書代(1年分)】都立:約28,000円/私立:約100,000~130,000円

中学校までは義務教育ですから、教科書はタダです。しかし、高校からは自分で買わなくてはいけません。長女の1年の時の教科書代は、28,000円でした。それぞれの都立高校で違うので約3万円と思っておけば間違いないでしょう。

一方、私立高校の教科書代の相場は、100,000~130,000円、都立高校の約3~4倍です。電子辞書を購入しなければならない学校もあります。

【施設維持費】 都立:0円/私立:90,000~192,000円

都立でも私立でも、入学金や教科書代は掛かります。でも、私立にあって都立ではないものがあります。その代表が「施設維持費(各学校で名称が違います)」です。学校見学に行くと、都立高校でも新しい校舎は比較的キレイですが、なかにはかなり年季のはいった都立高校もあります。一方私立は、全体的に立派な校舎である傾向が強いです。とてもキレイな校舎の私立高校を見ると「なるほど、だから施設維持費というのが必要なんだな」と合点がいきます。

どちらの高校も一長一短、メリットとデメリットを知って進路選択しよう!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

堀田 馨

小中高の3人の娘を持つ40代のワーキングママです。
受験や塾やPTAの子育てネタや、それにまつわるお金のついて、自分が知らなくて困ってネットで探してもみつからなかった事を、世間のママが困らないよう&備忘録を兼ねてライティングしています。
また、先輩ママが私に教えてくれて助かった!のと同じように、学校や教育ネタについてもライティングしています。
「困った!をやっるける事」と「中学生でも分かる文章」を目指しています。
本業では、歯科と医科の ライティングをしています。  


好きなこと:鉄道、旅行、ビール、落語、ジャズ、バンド活動。
地元小学校の学校支援コーディネーターとしても活動中

運営サイト:三姉妹の母の「楽しんだもん勝ち」LIFE