これだけ違う!公立高校と私立高校の「授業料以外」にかかる費用は?

都立高校と私立高校の一番の違いは、進路決定後に一番最初に払うお金、入学金ではないでしょうか?

長女が都立高校入学した時、正直一番ホッとしたのはこの入学金支払いを郵便局でしたときでした。もちろん私立高校に行く場合も想定していたので、お金の準備はしていました。でも、手元に準備するのは後手後手になり、実際お金をセッティングしたのは都立高校の一般入学試験の後、発表までの一週間の間でした。

試験に落ちた時のダメージは、親子とも想像以上に大きいのです。「しっかりしなきゃ!」と思うけれど、親の方も雲をつかむような心持ちです。都立に落ちた場合、翌日の昼までに私立の入学金の振込をしなければいけません。2~3万円ではなく、20~30万円という大金です。そのあとも入学まで出費に次ぐ出費です。なので、お金の準備はなるべく早い段階しておきましょう。

意外だったのは、学校からの指導です。都立の一般入試の合格発表を見に行く前に、併願優遇/一般入試で受かった私立高校の書類を持っていくようにという指導があったそうです。手続きが滞って大変だった、という事例があったのかもしれませんね。

【教科書代(1年分)】都立:約28,000円/私立:約100,000~130,000円

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。