「持たざる世代」は「自分視点」消費で豊かさ求め…「持てる世代」とのひろがる貯蓄差

貯蓄額や負債額は世代によってさまざま。比較的余裕がある世代もあれば、ギリギリの状態をなんとか維持している世代もあります。

そこで今回は、世代ごとにおける貯蓄や負債の状況を比較してみました。

「持てる世代」と「持たざる世代」

2019年5月に総務省が発表した『家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成30年(2018年)平均結果-(二人以上の世帯)』では、世代別の貯蓄や負債状況が以下のように示されています。

【世代別の一世帯あたり貯蓄現在高平均値】
40歳未満:600万円
40歳代:1012万円
50歳代:1778万円
60歳代:2327万円
70歳以上:2249万円

続きを読む

一世帯あたりの平均貯蓄現在高は1752万円となっており、世代が上がるほど貯蓄が多い傾向がうかがえます。

【世代別の一世帯あたり負債現在高平均値】
40歳未満:1248万円
40歳代:1105万円
50歳代:683万円
60歳代:207万円
70歳以上:104万円

こうみると、世代が若いほど負債額が多い状況が分かります。マイホーム購入により、ローンを抱える世帯が多くなっているのでしょう。一世帯あたりの平均負債現在高は558万円でした。

全体的に見てみると、40歳未満の貯蓄現在高平均値が600万円であるのに比べ、60歳代は2327万円、70歳以上は2249万円と4倍近い差がうまれています。

それに加え、40歳未満は負債額が最も多い世代でもあります。社会保険料の増加傾向など、家計への負担が大きくなっているのでしょう。

その一方、十分な生涯賃金と退職金を得られるシニア世代は、若い世代に比べ余裕がある様子がうかがえます。このように「持てる世代」と「持たざる世代」が存在しているのは、世代間ごとによる経済状況の違いが関係しています。

若い世代の貯蓄状況

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。