殺人事件にまで発展…「別れさせ屋」の実態とは

近年、離婚する夫婦が増えているといわれています。

厚生労働省の『平成30年(2018)人口動態統計月報年計(概数)の概況』によると、2018年の婚姻件数は60万6866組ですが、離婚件数は20万8333組となっています。50年前の1968年の婚姻件数は95万6312組、離婚件数は8万7327組と、婚姻件数は人口減少も相まってか減少傾向にありますが、離婚件数は2倍以上に増加しています。

離婚原因については、一番多い「性格の不一致」というものから、「生活費を渡してくれない」さらには「DV」などさまざまな深刻な理由が上げられています。その中には「不倫」という、夫婦の絆を壊す致命的な理由も含まれています。

続きを読む

今回紹介するのは「別れさせ屋」という職業です。

恋人と別れたい時、または夫や妻を不倫相手と別れさせたい時などに、この別れさせ屋の力を借りれば、自分で努力することなくターゲットと別れさせてくれるのです。

自分は労力を使わずに別れられるなんて夢のよう、と思うかもしれませんが、「でも本当に別れさせてくれるの?」と「うまい話には裏がある」を疑う人も多いでしょう。

今回は気になる職業別れさせ屋の実態について探っていきます。

別れさせ屋は案外身近でやっている

別れさせ屋の仕事は正式な名称でいうと「別れさせ工作」と言います。別れさせ工作を仕事として請け負っているのは、主に探偵社です。

インターネットで「別れさせ屋」と検索してみたところ、別れさせ工作を請け負う探偵社が複数ヒットしました。

探偵業や別れさせ工作というと、筆者にとっては裏社会で行われるような怪しいイメージだったのですが、クリックひとつで仕事の概要や料金表が出てくるのをみると、案外身近に潜んでいるものだと感じます。

友だちの縁切りまで行う別れさせ屋

「別れる」と聞くとカップルを連想する人が多いと思います。筆者も漠然と「どうしても自力で別れられないカップルの駆け込み寺のようなものかな?」と思っていました。

しかし調べてみたところ、実は別れさせ屋の依頼でもっとも多いのは、結婚前のカップルではなく、「夫や妻を不倫相手と別れさせたい」というものとのこと。そしてなんと依頼の中には、友だちとの縁切りというものもあるそう。

そんなことも他人に頼む人がいるのかということと、友だちとの関係すら自分でなんとかできない人もいる、という事実に驚いてしまいました。

求められるのは人を騙すだけの演技力

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

接客業、オフィスワークなど様々な職業を経て、2019年よりライター業を開始。「敬遠されるものを分かりやすく」をテーマに日々執筆を続けている。
Twitter:meino