「老後生活までのカウントダウンは始まっている!」早速、取り組むべきステップ3つ

「定年後の生活を見据えて、老後資金を貯めておきたい」と考える一方で、「なにから始めたらいいのか分からない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。ゴールまでの期間が長ければ長いほど、「まだ焦る必要はない」と先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。

しかし、老後生活までのカウントダウンはすでに始まっています。「もっと早いうちから貯めておけば…」と後悔しないためにも、老後資金を貯めるためのヒントをお伝えしましょう!

続きを読む

まず初めに取り組みたいこと

老後資金を貯める道のりは、想像以上に長く険しいもの。途中で投げ出さないためにも、貯金のモチベーションを高めておきましょう。

そのためには、まず老後の生活ビジョンを想像するのがおすすめです。老後までに結婚をしているのか、子どもは何人育てるのか、いつか海外で過ごしてみたいのか、マイホームを購入したいのか…。このように、あなたの今後の人生を具体的に考えてみましょう。

ポイントは、自分の理想を詰め込むこと。老後は海外に移住したい、勉強をやり直したい、旅行を満喫したいなど、夢や目標を盛り込んだイメージをしておきましょう。「その夢を実現するにはいくらかかるのか」といった感覚を掴めるだけでなく、「この夢をかなえるためにも頑張ろう」と貯金のエンジンがかかるはずですよ。

老後資金を貯めるまでのステップ

貯蓄に対するモチベーションが高まったら、老後資金を貯める取り組みを始めてみましょう。次のステップで進めていくとスムーズですよ。

ステップ1 目標金額を設定する

まずは定年退職を迎えるまでに貯めておきたい金額を決めましょう。その金額と定年までの年数をあわせて考えると、今後の貯蓄のペースが掴めます。

ステップ2 実際に貯蓄できる金額を計算する

目標となる貯蓄のペースが分かったら、実際にその計画が進められるのかを確認しておきましょう。毎月の収入をもとに、貯蓄に充てられる金額を計算します。共働きの場合、それぞれが出せる金額も話し合っておきましょう。

ステップ3 夫婦で定期的に話し合う

貯蓄に取り組み始めたら、定期的な見直しをするのも大切です。1週間や1カ月に1度の頻度で、夫婦がお金について話し合う機会を設けましょう。積極的に参加できるよう、明るい雰囲気になるように努めてくださいね。

長続きしない理由は「頑張りすぎ」かも

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。