60代の平均貯蓄額をチェック!60歳になって焦らないために効率よく貯める方法

copy URL

定年退職を迎えた後の準備は、しっかりできていますか?「年金だけでなんとかなる」と思っていると、老後の生活費が足りずに苦労してしまうかもしれません。そんな事態を防ぐには、今のうちから老後資金を貯蓄しておく必要があります。

そこで今回は、老後資金の目安や貯め方のコツをご紹介します!まだ老後貯金を始めていない方は、貯金の計画を立てる際の参考にしてくださいね。

60代の貯蓄状況を把握しておこう

定年退職を迎えることの多い60代。この世代の方々は、どのくらいの貯蓄があるのでしょうか。「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成30年)」をもとに、60代の貯蓄状況をみてみましょう。

続きを読む

この調査の結果、60代の金融資産保有額(金融資産保有世帯)は平均が2415万、中央値が 1500万と分かりました。なお、ここでの「金融資産保有世帯」は金融資産を持たない世帯を除いたものを指しています。

金融資産非保有世帯も含めると、平均が1849万円、中央値が1000万円となります。金融資産をもっていない世帯を含んだ60代全体でみても、1000万円の貯蓄は用意しておきたいところですね。

ただし、この「貯蓄」には預貯金のほかに株式や債券、投資信託、生命保険なども含まれています。預貯金だけではないことを念頭に置いておきましょう。

老後に向けた貯蓄=預貯金とは限らない

「貯蓄」と聞くと、預貯金の額をどんどん増やしていくイメージを持たれるかもしれませんね。しかし、実際に預貯金を貯めていくと「効率的でない」と気が付くはず。銀行にお金を預けていても、そこで得られる金利はごくわずかでしょう。

そこで、リスクを踏まえたうえで資産運用をしていくのも選択肢のひとつです。60代になるまでにまだ時間がある方は、焦らずゆっくりと運用できるでしょう。反対に定年退職が迫っている場合は、これまでに貯めてきた資産をもとに、リスクとのバランスを考えておく必要があります。

老後に向けた貯蓄のヒント

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、大手メディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い運営をしています。また、編集体制としての金融コンテンツ編集者のバックグラウンドは、金融機関勤務経験年数は延べ30年(2021年7月1日現在)で、編集者として日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)、第一種外務員(証券外務員一種)、AFPなどの金融プロフェッショナルとしての資格保有者が在籍しています。ネットメディアとしての沿革は、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。