「就活セクハラ」1位は20代男性!?気になるその被害内容とは

最後に、就活をするうえで知っておきたい「就活セクハラ」について学んでおきましょう。2019年5月に連合が公表した「仕事の世界におけるハラスメントに関する実態調査2019」の結果、就職活動経験のある20代~50代のうち、10.5%の人が「就活活動中にセクハラを受けたことがある」と回答しました。

男女共通で多かった被害は「性的な冗談やからかい」など。男女別では、男性は「性的な事実関係の質問」「性的な内容の情報の流布」、女性は「食事やデートへの執拗な誘い」「必要ない身体への接触」を受けたという意見が多く見られました。

また、セクハラ経験者の割合が一番高かったのは、20代男性(21.1%)という結果にも注目です。「セクハラ」と聞くと女性が被害に逢いやすいイメージですが、実際はそうとも限りません。性別にかかわらず、就活セクハラには十分注意しておきましょう。

まとめ

就職活動では、社会人になる人間としてのルールを守らなければなりません。その一方、企業側にもさまざまなルールが課されています。

どちらも、「相手に不快な思いをさせない」というのが基本。お互いがルールを厳守し、納得のいく就職活動となることを願っています。

LIMO編集部

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。