他人ごとじゃない凶悪犯罪!「母親がこどもを守るためにできる3つの準備」

新しい元号「令和」を迎えた直後に、こどもを狙った凶悪な事件が起こってしまいました。もしあなたがこどもといる時に凶悪な事件が起こってしまったら‥どう対処しますか?これは決して他人ごとにしてはいけません。あなたも凶悪な事件に巻き込まれる可能性があるのです。その意識を強く持つようにしましょう。

今回は、いざという時!「母親がこどもを守るためにできる3つの準備」について詳しくご紹介します。

【こどもを守る3つの準備①】防犯に対する意識を高める

続きを読む

こどもを守るため特に重要なのは、あなた自身の「防犯意識を高める」ことです。

凶悪事件の情報は必ずインプットする

令和に入ってからも凶悪犯罪が後を絶ちません。川崎通り魔事件は日本中の人たちが大きなショックを受けました。凶悪犯罪は悲しみや憎しみしか生みません。だからこそ絶対に被害に遭わない!という強い気持ちが大切なのです。

そのためにも凶悪事件の情報は必ずインプットするようにしましょう。

例えば、「川崎通り魔事件」
・凶器は?
・被害者の人数は?
・被害者の年齢は?
・どのような犯行だったのか?
Youtubeやニュース映像を見て細かな状況を頭の中に記憶してください。インプットした事件は、あなたの「いざ!」という瞬間に浮かびとっさの行動へ結びつきます。

常に「明日は我が身」を意識する

凶悪犯罪は決して他人ごとではありません。「まさか自分が…」と考えている人の方が犯罪被害に遭いやすいという警察庁のデータもあります。

だから「明日は我が身」であるという意識を普段からすることが大切です。その心構えにより「ちょっとした違和感へ敏感に反応する」ようになるので犯罪被害に遭わないためにも重要なことです。

360度警戒をする

上記2つを理解した上で、いつどこにいても360度警戒をするように意識しましょう。

難しいようですが、歩行中や車・バイク・自転車の運転中には事故に遭わないため注意をしているはずです。ほとんどの人は無意識にやっていることだと思います。防犯意識を高めるのも、その意識と同じです。

慣れるまでは意識して360度警戒をし、不審者や危険箇所・暴走車などがないか注意を向けてください。それも慣れてくると事故防止と同じように無意識にできるようになります。

【こどもを守る3つの準備②】命を守るために有効な護身具を持ち歩く

防犯意識を高めた上で、これからご紹介する護身具を必ず持ち歩いてください。「いざ!」という時には誰も助けてくれません。あなたがこどもを守る以外には方法がないと認識しましょう。

逃げるための服装

ハイヒールやロングスカートではこどもを連れてダッシュで逃げることができません。犯罪者からいち早く逃れるためにもダッシュで逃げることができる服装を心がけてください。

盾になるバッグ

必ずバッグは持ち歩いてください。「いざ!」という時、バッグを盾にして受け止めることができます。何も持っていないと、とっさの時に体で受けることになります。

しかし体の傷は致命傷になる場合があるので絶対に避けなければなりません。だからこそバッグを持ち歩くことを強く勧めます。

催涙スプレー

どんなものより、催涙スプレーが凶悪犯罪から命を守るために有効な護身具です。こどもと一緒にいる時は手に持っているといいでしょう

防犯ブザー

防犯ブザーで命は守れませんが、周囲に異常事態を知らせることができるので持ち歩きましょう。

【こどもを守る3つの準備③】常日頃から「いざ!」に備えた訓練をする

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

熊本市中央区出身
 
私は8年ほどWebビジネスに携わってきました。
その中でブログ・メルマガ・SNS運営等を経験する中でライティングを学びました。
 
今はそこで得たスキルを活かしてフリーライターを専業とし、護身術・格闘術の道場運営を兼業しています。
 
職業
・フリーライター(経験6年)
・護身格闘術 創始者、代表師範
・日本拳法 拳勝会 代表
・熊本県日本拳法連盟理事
 
【護身格闘術教室を運営】
 
経歴
【元SPジャパン代表】
近隣・飲み屋・男女間・金銭トラブルなど、緊迫した現場に同行する警護・トラブル解決を専門とした会社の代表を務める。
 
【元NPO法人シティーガーディアン理事長】
子どもの生活環境を日々安全に暮らせるように犯罪防止・事故防止のためのパトロールや地域安全運動、いじめ・非行・登校拒否の子ども達への自立支援活動に寄与することを目的としたNPO法人の理事長を務める。