こんな上司・同僚はキケン! メンタルを守るために避けるべき人の特徴

世の中には、関わることでプラスの効果をもたらしてくれる人と、マイナスにしかならない人がいます。特に業務上の付き合いともなれば、無難に職場で過ごしていくためにも、精神的に負荷のかかる上司や同僚とはできるだけ関わりたくないものでしょう。

そこで今回は、筆者自身の経験や周囲の人たちから聞いた話をもとに、無難に過ごすために注意すべき人の特徴について見ていきます。

聞くだけでアクションを取らない上司

同僚や先輩の問題行動などを相談しても、「伝えておく」などと言いながらそのままずっと放置をするような上司は、内容にもよりますがキケン度が高いと言えるでしょう。

続きを読む

【事例】

「医療系のルールで複数人でやるべきことの協力を頼んだら、先輩に『はぁ? みんな1人でやってるよ』と面倒臭そうに言われ、次から頼みにくくなった。上司に相談したけど、本人に伝えてくれた様子もないし、周りも『あの人は言っても聞かないから』と放置気味。しばらくはその人とペアなのに…」

どんな職場でも、こちらの相談に何もアクションを取ってくれない上司は困りますよね。特にこのケースのような介護や看護など命を預かる現場では、ルールを厳守することはとても大切なことです。それに、もし無理をして1人で処置をしているときに何かあったら、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

このように緊急性の高いケースでは、上司のさらに上の人や人事部などに相談するなど、悩みを自分一人で抱え込まないようにしましょう。

「天使が悪魔に大変身」な人

上司の前では天使のスマイル、後輩や新人の前では悪魔に大変身する人、身の回りにいませんか? こんな人は思わぬ事態を招くことがあります。

【事例

「A子さんに二面性があるのは知っていましたが、実害があるわけじゃなかったし、他の人があからさまに避けていてなんだか気の毒というのもあって普通に接していました。でも、だんだんと自分に対する上司の風当たりが厳しくなって真相を探ってみたら、私がA子さんに仕事を押しつけるなどこっそりイジメていることに…。美人でスタイルもいいA子さんは男性からは評判がよかったので、私は『後輩のくせに嫉妬で先輩をイジメる悪い後輩』のレッテルを貼られていました。しばらくはキツかった!」

関わり合いになることで足元をすくわれることが多いのが、こうした裏表のある人です。二面性があり、上司や異性に自分を評価してもらうことに生き甲斐を感じている人は、自分の評価を上げるための手段として人を貶めることもあります。

「気づいたときには悪者扱いをされていた」といった事態に陥らないよう、二面性がありそうな人には日頃から注意しておきましょう。

部下を怒鳴る・バカにする上司

もう、そんな時代じゃないんじゃない?とも思いますが、まだまだいます。部下を怒鳴ったり、みんなの前でバカにしたりする上司。こういう上司は、部下の自尊心を傷つけ、学ぼうとする心や仕事に対する意欲を低下させてしまうため注意が必要です。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

3人の子ども(21歳・17歳・8歳)のシングルママ。
現在は、主にライター業務を中心に、接客改善業務にも携わりつつ日本全国を徘徊中。
接客改善業務の経験や金融会社での勤務経験、過去の波乱万丈な経験なども交えつつ、読者の暮らしに役立つリアルな情報提供を心がけている。
コミュニケーションに関する記事のほか、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事、食の資格を生かした記事など幅広く執筆中。