貯めるから増やすへ!貯蓄初心者に知ってほしい「貯蓄」と「投資」の流れ

「貯蓄を増やしたい気持ちはあるのに、肝心の方法が分からない」と悩んではいませんか?せっかくお金が貯まってきたのなら、投資で貯蓄を増やすのもいいですよね。

そこで今回は、「貯蓄」と「投資」にスポットを当てていきます!それぞれの流れが分かったら、さっそく実践してみてくださいね。

貯蓄をするためにまずやるべきこと

貯蓄をするうえで大切なのは、無駄な出費をできるだけ抑えることです。次のような工夫をして、手元に残るお金を増やしていきましょう。

続きを読む

買うものを決めておく

目的が決まっていない状態で買い物に行くと、予定していない商品まで買ってしまう可能性が高まります。そのような無駄遣いを防ぐためにも、買いたいものは事前にメモをしておきましょう。お目当てのものが見つかったら、すぐにレジに向かうだけで済みますよ。

なんでもお金で解決しない

ものに対して「使えなくなったら買えばいいや」「とりあえず買っておこう」と考えてばかりいると、どんどん出費が増えてしまいます。さらには、ものを大切にしようという考えもできなくなるかもしれません。まずは「他のもので代用できないか」「買わずに済む方法はないか」と一旦踏み止まる癖をつけ、すぐにお金を使おうとする思考を直しておきましょう。

健康的な毎日を過ごす

健康を意識して生活すると、間食やお菓子に関する出費を抑えられるだけでなく、医療費の節約にもなります。間食は控える、歩ける距離でのタクシーの利用はやめるなど、体にも優しい取り組みを始めましょう。

勤労世帯の貯蓄額、その平均値と中央値

貯蓄をしていると、ふと「他の人はどのくらい貯めているんだろう」と気になることもありますよね。そこで、総務省が2019年5月17日に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の「平成30年(2018年)平均結果(二人以上の世帯)」から、勤労者世帯(二人以上の世帯に占める割合50.9%)の貯蓄額を確認していきましょう。
その報告では、2018年の「勤労者世帯における貯蓄現在高の平均値」は1752万円という結果に。また、貯蓄保有世帯の中央値は1036万円、貯蓄ゼロ世帯を含めた中央値(参考値)は978万円でした。

平均値に比べると、中央値はかなり低い数字であることが分かりますね。平均値は、極端に大きい・小さい数字によって大きく左右されてしまう場合があります。

その一方、データを大きい順(もしくは小さい順)に並べたときに、真ん中にある値である「中央値」は平均値より現状に近くなるケースがあります。平均値だけでなく、中央値の数字も意識しておくといいでしょう。

貯蓄の次は投資も

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。