出世して目立つのが怖い「インポスター症候群」とその克服ヒント

国を挙げて女性活躍が推進されている昨今、積極的に女性管理職の登用を図ろうとする企業がたくさんあります。ところが、昇進を打診されても喜ばなかったり、中には「私には無理です」と辞退してしまったりする人もいるようです。

キャリアに対する考え方は人それぞれ。どんどん出世して管理職になりたい人もいれば、リーダーというよりは縁の下の力持ち的な役割に徹したい人もいるでしょう。また、仕事ではなく家庭を大切にするため出世したくないという人もいます。

続きを読む

でも、出世したくない理由が単なる思い込みで、今後の自分の可能性を狭めているとしたら、もったいないですよね。今回は、出世したくない人に向けて、そう感じてしまう理由と克服ヒントをご紹介します。

インポスター症候群とは?

「私なんかが管理職なんて無理」と思う人は、もしかしたらインポスター症候群かもしれません。

インポスター症候群とは、周りから高い評価をされても、「たまたま運が良かっただけ」「周りの協力があったから」と自分のことを過小評価してしまうこと。インポスター(impostor)は詐欺師やペテン師を意味しており、「実力のない自分が高い評価をもらうなんて、なんだか周りを騙しているみたいだ」という状態に陥るのです。

どちらかというと女性に多いといわれ、ミシェル・オバマ前米国大統領夫人やFacebook COOのシェリル・サンドバーグ、女優のエマ・ワトソンといった有名人もインポスター症候群に悩んだことがあると告白しています。

症候群というと、限られた人だけが苦しむものと思うかもしれませんが、女性活躍が推進される状況では、働く女性で同じように悩む人が多いのです。

もしかして私も?インポスター症候群で見られる特徴

では、具体的にどのような特徴や傾向があれば、インポスター症候群の可能性があるのでしょうか。主なものをいくつか挙げてみます。

・他人からの嫉妬や妬みが怖い
・変化に対して抵抗がある
・何か失敗すると、「やっぱり私なんか」と思ってしまう
・他人に認めてもらいたい気持ちが強い
・悩みを自分で抱え込んでしまう

自信をつけるためのヒント

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

キャリアコンサルタント(国家資格)保有のライター。企業での人事部勤務経験を活かし、転職やキャリアアップなどキャリア関連の記事を執筆。