悪天候で子どもの友だちが頻繁に遊びに来る…どう対応する?

6月になると、雨が多く家で過ごす時間も増えますよね。お子さんがいるご家庭では友だちが遊びに来たり、逆に友だちの家にお邪魔する機会が増えてきます。

機会が増えるということは、トラブルも増える傾向に。お友だちを家に連れて来たと思ったら、その子のマナーの悪さに呆れてしまった…というケースもあるようです。そんなとき、親としてはどう接するのが良いのでしょうか。

実際の事例から学ぶ

実際にマナーの悪い子に出会ったママたちは、どのように対処したのでしょうか。その事例から、上手な対処法を学んでおきましょう。

続きを読む

・「小学2年生の息子が、友だちを自宅に招いたときのことです。友だちが『今日のおやつは?』と言いたげな態度で、繰り返しおやつをねだってきました。私には言いにくいのか、息子にばかり要求しているし…。

そこで、相手の親に知らせるためにも、メッセージをひとこと添えることに。『うちでお菓子を食べたがるのですが、アレルギーなどは大丈夫ですか』って。すると、次からはおやつを持参するようになりましたよ」

・「小学3年生の娘が、門限を守ってくれない友だちを連れて来ていました。しかも、学校が終わったあと家に寄らず、ランドセルを背負ったままの状態でやって来ます。

『うちの門限は17時』と伝えても、一向に帰る気配がありません。それどころか、『ママが迎えに来てくれるから』と居座るんです。さすがに腹が立ったので、『うちは17時までと決まっているから、ママにもそう伝えておいて』とお願いしておきました」

・「うちのマンションに、いわゆる放置子がいます。あちこちのお宅のインターホンを押し、『おやつが欲しい』とおねだり。大家さんに怒られたあとは、近くの公園で過ごしていました。うちの息子に対して『僕が遊び相手になってあげる』と名乗り出てきましたが、『助かるわ。でも家では遊べないよ』と伝えておきましたよ」

よその子にはどうしても「これはダメ」と言いにくく感じてしまいますが、マナーの悪い子どもには毅然と振る舞っておくのがよさそうです。その家ごとのルールは、しっかり守ってもらうように伝えておきましょう。

子どもの居場所がない現状

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。