シングルマザー直伝、「ズボラ」家事・仕事両立法4選

私は料理が苦手です。そして毎日「何を作ろうかな」と考えるのがストレスでした。一生懸命考えたのに、子どもたちが食べてくれないと悲しくなります。そこで、食事づくりのすべてのストレスから解放されるべく「宅配食材キット」を導入しました。

毎日人数分の食材が届き、私は箱を開けて中に入っている食材を全て使ってレシピ通りに作るだけです。ほとんどの食材がカットされているため、まな板すら出す必要がない日がほとんど。

調理時間はたったの15分前後で、栄養バランスはほぼ完璧。

私が注文しているサービスは1人前500円です。我が家は子どもが小さいため2人前を注文していて、月額2万円ほどです。

夕食代単体としては少し高額かもしれませんが、スーパーへの買出しが不要になったので無駄な買い物がゼロになり、トータルの食費は削減できています。

宅配食材キット導入により感じたメリットは

・メニューを考える、買出し、調理の時間を削減できた

・日頃作らない料理に挑戦できる

・栄養バランス満点

・食費を節約できた

となります。

夕食作りがストレスになっている方におすすめしたいサービスです。

(3)平日は子どもたちと一緒に5分だけお掃除

共働き家庭が平日に掃除することは難しく、家が雑然としてイライラの原因になりがちだと思います。多くのご家庭はきちんとされていると思いますが、私は根がズボラなのですぐに家が荒れてしまい、ストレスになっていました。

リビングや水回りなどは掃除するものの行き届きませんし、気を抜いたらすぐにごちゃごちゃ。子ども部屋は地獄のように散らかっていました。

そこで導入したのが「5分タイマーお片づけ制度」です。毎日お風呂に入る前に5分タイマーをして、家族全員がお片づけをするのです。私は台所の片付け、子どもたちはおもちゃの片付け。

「5分で何ができるの?」と思われるかもしれませんが、5分は以外と長く、そこそこ片付きます。子どもたちも5分であれば、飽きずにお片づけ可能です。

もちろん完璧にはできませんが、やらないよりは全然ましです。お風呂の前の習慣にすることで、親子ともストレスを感じることなく自然に動けるようになりました。

(4)トイレに行く時に家中をさっとふき掃除

家事の大きな割合を占めるお掃除は時間を決めず、「トイレに行く時」と決めました。トイレに行く時、クイックルワイパーで家中をさっと掃除するのです。我が家は60平米足らずのマンションなので、数分もかからず掃除できます。掃除機や雑巾掛けに比べればキレイ度は低いですし、完璧を求める方にとっては「そんなのじゃ足りない!」と感じてしまうかもしれません。

我が家では、平日は「完璧を求めずそこそこでいい」をモットーにしています。自宅にいる時にトイレに行く回数は3回程度なので、1日3回クイックルワイパーをかけることになり、割とキレイになります。

まとめ

私が実践している方法は、家事がきちんとできている方からすると本当に最低限の家事だけです。しかしこれらの工夫で日々の家事ストレスから解放され、家庭の運営がスムーズになりました。もちろん完璧じゃありません。ですが「働きながら家事も育児も頑張ってるからそこそこでも大丈夫」と自分に言い聞かせ、無理せずストレスを抱えないように暮らしたいと思っています。

平林 亮子

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

国内大手金融機関に勤務後、妊娠出産を経て退職。0歳児を育てながら家計の足しにとライター業をスタートし、今では6歳と3歳を育てるシングルマザーに。

小1の壁に激突し、フリーランスシングルマザーの限界を感じている。信州大学人文学部人間情報学科中退。