中だるみの5月病シーズンこそ、子どものお小遣いについて考えよう!

新学期が始まって子どもも親も少し落ち着いた5月。「そろそろ子どもにお小遣いをあげようかな」「学年が上がったことだし、金額を変更するべきだろうか」という悩みがでてきますよね。そこで気になるのが、周囲のお小遣いのルール。ほかの家庭では、どのようにお小遣いを与えているのでしょうか。金額や渡し方などを詳しくみてみましょう。

平均金額と定額制の開始時期

まずは、お小遣いの相場をチェックしましょう。2015年度の金融広報中央委員会「子どものくらしとお金に関する調査」(第3回)では、子供のお小遣いの平均額(月1回の場合)が以下のように発表されました。

続きを読む

小学校低学年1,004円(中央値500円)
小学校中学年864円(中央値500円)
小学校高学年1,085円(中央値1,000円)
中学生2,536円(中央値2,000円)
高校生5,114円(中央値5,000円)

さらに、定額制を設けている家庭の割合も確認してみましょう。小学校低学年の場合、「月に1回定額を渡す家庭」は13.4%、「ときどき渡す家庭」は57.3%でした。中学年になると「月に1回渡す家庭」は32.1%、「ときどき渡す家庭」は47.8%に。高学年は「月に1回渡す家庭」が45.0%という結果でした。

ご覧のように、学年が上がるごとに定額制を実施している割合が多くなります。スタートの時期としては、小学校中学年~高学年からという家庭が多いようです。

定額制以外のルールも確認

お小遣いの渡し方には、決まった額を渡す「定額制」以外にもさまざまな方法があります。例えば、子どもがお手伝いをした際にお金を渡す「お手伝い料制度」。あらかじめ「朝刊を取りに行ったら10円」「肩揉み50円」などの料金設定を決めておき、その都度お小遣いを渡すシステムです。

また、「お年玉の1割が1年間に自由に使えるお金になる」「誕生日には5000円を渡す」など月額制以外の支給方法にしているケースも。これには、「決められた金額内でやりくりする力を身につけてほしい」という親の希望も含まれているようです。

そのほか、「友達と遊びに行くときだけお金を渡す」という方法もあります。子どもにどんな力を身につけてほしいか、お金に対してどのようなことを学んでほしいかなどを考え、目的に合った方法を選びましょう。

子供のためになるお金の渡し方

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。