1日たった5分!赤字生活から脱却する簡単な方法とは

家計が赤字の状態を、つい見て見ぬふりしてはいませんか?黒字に変える対策をしないままで過ごしていると、状況はどんどん悪化してしまいます。「そうはいっても、どうしたらいいのか分からない…」という方に、家計の改善方法をお伝えしましょう!

家計が赤字!そんな状況を5分で抜けだす方法

「赤字生活を抜け出すにはかなりの時間と労力が必要だ」というイメージがありますが、実際はそうでもありません。なんと、たった5分で赤字を改善することができるのです。

続きを読む

その方法は「1週間の生活費を決めて、寝る前にレシートを見直す」というシンプルなもの。まずは収入から固定費を引いた金額から、1週間に使える生活費の予算を決めておきます。そのあとは、1日の終わりにその日のレシートを1枚ずつチェックし、合計金額をスケジュール帳に書いておくだけ。

こうすれば、「今週は生活費があと3000円残っている」「このペースだと週末の予算が足りない」と気が付くきっかけができます。出費のあるイベントが予定されている場合は、その予算を残しておくよう前もって調節しておきましょう。

それに加えて、月初と月末に「お金に関する振り返りタイム」を設けるのもおすすめです。スケジュール帳を見返してみると、「週末の無駄遣いが多かった」「平日の外食を減らす必要がある」といった改善点が見つかるはずです。

それを踏まえて、「来月から自炊を始めよう」「週末は家で過ごす日も作ろう」などの対策もできるでしょう。こうすることで、赤字の原因と改善方法が自然と見つかりますよ。

お金に困る人の”あるある”はコレ!

お金に困りやすい人には、いくつかの共通点がみられます。あなたも、ついこのような行動をとっていないかチェックしてみましょう。

「お金がない」が口癖

「お金がない」と呟いているだけでは、いつまで経っても現状を変えることができません。「お金がない」だけで終わらすのではなく、「だからどうすべきか」と先に進むように意識しておきましょう。

もっと安い方法を探さない

なにかに新しいことに取り組む際、真っ先に思いついた方法を選んでいませんか?「運動したいから民間のスポーツジムを契約しよう」「気になる本はとりあえず買おう」といった手段ばかりとっていると、支出がどんどん膨らんでしまいます。「民間より自治体のジムのほうが安いかも」「図書館を利用しよう」など、節約できる方法を探す習慣を身につけましょう。

クレジットカードを愛用している

現金の受け渡しがないクレジットカードは、便利な反面つい無駄遣いをしてしまう可能性があります。予想以上に使ってしまう事態を防ぐためにも、利用金額をメモしておく、上限金額を決めておくなどのルールを作っておくと安心です。

まずはお金に興味を持とう

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者や大手ファッション誌や雑誌の元編集長、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。