内定率は既に5割超。就活で面接官が見ている4つのNGポイント

5月7日、就職情報大手のディスコが5月1日時点の内定率(2020年3月卒業予定の大学生・理系は大学院生を含む1293人対象、内々定含む)を発表。その結果は51.1%で、前年同期実績を8.9%上回るなど、学生側の売り手市場が続いている様子がうかがえます。

まさに今は就活真っ只中というわけですが、内定を獲得するための大きな関門が面接です。そこで今回は、面接官が候補者をふるいにかける際にチェックしているNGポイントを紹介します。グループ面接や圧迫面接についても、あわせて確認しておきましょう。

続きを読む

面接官がチェックするNGポイント

実際に採用担当者として数多くの採用試験を行った経験者に「面接官が見ているNGポイントは何なのか」を聞きました。面接を受ける前に我が身を振り返ってみましょう。

入室直後の印象が悪いのはNG

第一印象の決め手となるのは、身だしなみや表情といった「非言語コミュニケーション」が多くの割合を占めています。会話の内容というよりも、声の大きさやトーンが印象を左右させます。入室する前から笑顔を作っておき、しっかり気を引き締めておきましょう。

コミュニケーションでは理解力がないとNG

面接官の質問に対する理解力や聴き方などから、コミュニケーション能力を判断しています。「面白い話をしなければ」と固く考えるのではなく、相手の質問の内容を正確にくみ取るように注意しましょう。適度に相槌やアイコンタクトをとると、相手に好印象を与えられます。

漠然とした話はNG

面接では学生時代の経験から、どのような行動をするのか、どんなスキルがあるのかなどをチェックしています。具体的なイメージを伝えられるよう、固有名詞や数字を用いて説明するのがコツです。また、ただ経験談を伝えるだけでなく、そこから学んだこともあわせて伝えておきましょう。

企業研究不足を見抜かれるのはNG

志望動機や会社の商品・サービスの利用経験などから、この仕事を本気で望んでいるかも確かめられています。付け焼刃の企業研究ではボロが出るかもしれません。しっかり取り組んで、会社に関する質問をいくつか用意しておくことも大切です。

グループ面接・圧迫面接の意図と対策

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験のある編集者やライター、ビジネスネットメディアやファッション誌、業界紙での編集・執筆、書籍校閲・校正経験のあるメンバーで運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げました。Longineのサービスは2020年3月に終了となりましたが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。