スーパー定期も当てにならない!? 老後資金をどう増やすか考える

いまの日本の状態をみると、生活に十分な年金が確実にもらえるとは言いきれません。そのため、年金だけで足りない部分は早い時期からしっかり備えておくことが大切です。

そこで今回は、老後資金の貯蓄を増やすヒントをお伝えします!老後資金不足を防ぐ方法もチェックしておきましょう。

老後資金の貯蓄を増やすおすすめの方法

今は金利がかなり低いため、「普通預金として銀行に預けて多くの利子を得る」ということはできません。スーパー定期を利用したとしても、金利水準は0.001~0.02%ほどでしょう。そこで、資産運用をしてお金を増やすという手も考えてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

代表的な金融商品として、株式・投資信託・FX・保険などが挙げられます。そのほかにも、不動産や太陽光発電などの実物資産、金やプラチナなどのコモデティなども運用方法の1つです。

なかでも国内株式の売買手数料は、ネット証券の価格競争の影響で値下がりの傾向がみられます。買付手数料が無料の投資信託も数多く存在しており、投資環境は以前よりかなり良くなったと言えるでしょう。

ただし、資産運用にはリスクも伴います。老後資金に必要な金額を考慮し、あなたの状況に合った投資商品を見極めるようにしましょう。

就職氷河期世代の老後はどうなる?

就職氷河期を経験した人たちは、いまや40代に。そろそろ老後を考える時期ということもあり、貯蓄の状況が気になるところです。そこで、就職氷河期世代の貯蓄・負債のデータをチェックしてみましょう。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者
LIMO編集部
  • LIMO編集部
  • 株式会社ナビゲータープラットフォーム

LIMO編集部は、日本生命やフィデリティ投信で証券アナリストやポートフォリオマネージャーであった泉田良輔を中心に、国内外大手金融機関勤務経験、ビジネスネットメディア運営経験者やファッション誌元編集長、業界専門紙の記者出身者、学習参考書などの書籍校閲・校正経験者、またWebマーケティングスペシャリストなどが編集や執筆作業を行い、運営をしています。沿革としては、LIMOの前身である投信1(トウシンワン)は個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディア運営経験者等を中心に立ち上げました。サブスクリプションモデルで一定の成功を収めていたLongineですが、グループ内で新サービスを展開ることとなり、多くの読者の声に惜しまれながらLongineのサービス自体は2020年3月に終了となりました。Longine編集部メンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。