家計簿アプリでお金が貯まらない人は必見、貯金上手の貯蓄術

銀行口座には様々な要素が結びつきます。給与が振り込まれる口座であったり、公共料金やクレジットカードの引き落とし口座であったり、など様々な生活に密着する決済に銀行口座が必要とされています。

様々な生活のパターンがあるので一概に言えませんが、最終的には銀行口座における決済に絡むわけなので、「日常的」に自分が使う銀行を1つに限定し、その口座をウォッチしてればよいというわけです。

貯金上手は手を付けない口座を持っている

先ほど、銀行口座を厳選する方が良いということに触れましたが、貯金上手は別の口座を用意しそちらに使わないお金を貯めていきます。

ここがポイントなのですが、その貯金をする口座は簡単には手を付けにくい、自分にとって簡単にはお金を引き出せない、あえて「不便」な銀行口座にしあげます。あえて「ハードル」を作るわけです。

この口座を便利にしてしまうと、日常的に使う銀行口座で金が足りなくなった時に「貯金している口座からお金を移動させればいいや」といって、簡単にお金を使ってしまいかねないので、銀行口座として不便であるという「ハードル」を作ってやるわけです。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。