貯蓄0は40%だった!?今年度こそ貯蓄を増やそう

新年度目標第1位は「貯蓄」!貯蓄体質の人の習慣とは

新年度を迎え、「貯蓄しよう!」と決意した人もいるでしょう。とはいえ「お金を増やしたい」と願っているだけでは、先に進むことはできませんよね。

そこで今回は、お金を増やしたい方にぜひやってほしいことをご紹介します。ぜひ取り組んでみてくださいね。

新年度の目標1位は「貯蓄」!

㈱ジェーシービー(JCB)は、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019」を発表しました。これは、2019年3月8日~11日にかけて全国の20~69歳の男女1000名を対象にインターネッで調査したものです。これによると、新年度(4月から)の目標でもっとも多かったのが「貯蓄」(38%)となりました。

続きを読む

しかし18年の1年間で増やせた貯蓄額は、「0円」が40%ともっとも多くなっています。今年度こそは貯蓄を増やしたいですよね。以下に、今すぐにでも始められるコツをご紹介しています。参考にしてみて下さい。

お金を増やしたい人がやるべきこと

お金を増やすには、支出を抑えて収入をアップさせることが基本です。具体的には、どうすればいいのでしょうか。

固定費に着手する

効率的に節約効果を生み出すには、毎月決まって支払う必要のある固定費を見直しましょう。なかでも家賃は支出額が大きいため、家賃の安い家を選ぶとかなりの節約効果が得られます。

駅から少し離れた距離の物件なら、家賃の相場が下がりやすいです。一般的に言われている「手取りの30%」という基準より、さらに25%に抑えられる物件を探してみるのもいいでしょう。

副業で収入を増やす

いまの仕事で収入アップが期待できないなら、副業で収入を得る選択肢もあります。

日本最大手のクラウドソーシングシステムを手掛けるランサーズ㈱の「フリーランス実態調査2018年版」では、副業フリーランスは744万人、経済規模は約8兆円と過去最高の数字だったことが公表されています。自分の強みやスキルを活かして副業に取り組んでいる人は、今後もますます増えていくでしょう。

なお、サラリーマンの場合「収入から経費を差し引いた所得」が年間20万円を超えたら、確定申告をしなければなりません。また、会社によっては副業を禁止しているところもあります。必ず、事前に会社の規定をチェックするようにしておきましょう。

投資に挑戦する

お金が貯まってきたら、余裕資金を投資するのも視野に入れてみましょう。できるだけリスクを抑えたい方は、株式投資のより変動の幅が小さい「バランス型投資信託」もおすすめです。

※「投資信託」とは「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品」(投資信託協会)。また「バランス型投資信託」とは、「株式だけとか債券だけというひとつの資産に偏ることなく、複数の資産や市場へバランス良く投資する投資信託」(SMBC日興証券)

また、年間120万円を上限に売却益や配当金が非課税になる「NISA口座(非課税口座)」なら、少ないコストで運用することができます。まずはNISAの範囲内で、投資に慣れてみてはいかがでしょうか。

貯金体質になるためには

貯金がうまくできるかどうかは、普段の行動によって左右されます。次のような取り組みを行ない、貯金体質に近づきましょう!

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に構成されています。国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報ををわかりやすくお届けします。