「インデックス投信で失敗した」と思ったら確認すべき4点

copy URL

長期投資で「ドルコスト平均法」が取り上げられますが、ドルコスト平均法は下げ相場では傷口が広がります。つまり損失が拡大して見えるのです。計算上仕方がないのですが、これはドルコスト平均法を行う資産選択が良くないのです。

資産形成及びドルコスト平均法を活用するのであれば、景気による循環を受け入れながらも長期的に資産価格が上昇する資産を選びましょう。それは残念ながら現時点では日本株ではありません。

「インデックスファンドvs.アクティブファンド」という論争自体が奇妙

インデックスファンドか、それともアクティブファンドかという論争がいつもありますが、これ自体が金融商品に求める目的が異なるので、対立構造でとらえるべき問題ではないと思います。

ここまで見てきたようにアクティブファンドの神髄は「リスクコントロール」にありますので、リスクコントロールが下手な投信やファンドマネージャーは批判されてしかるべきですが、単純に信託報酬がインデックスファンドよりも高いというだけで否定されるべきものではありません。

【PR】今年こそ!節税して投資をはじめよう

日本株の投資をこれからはじめようという方、また節税をしながら「つみたてNISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」で投資信託をはじめてみたいという方向けに、LIMOではお好みのタイプのネット証券を簡単に検索できる機能を無料でご紹介しています。是非、この機会にご活用下さい。

>> LIMOのネット証券比較の決定版へはこちら

青山 諭志

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
執筆者

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。Twitter:SatooshiX