大暴落時以外は、株は指値で買いなさい

Bankrx/Shutterstock.com

また、いくらで買うのか、売るのかを決めるのがバリュエーションと呼ばれる株価評価手法です。通常ですとPERやPBRを使い、プロ投資家であれば、CFROIなどを活用して適正株価を計算したりします。

もちろんそうした株価が必ずしも正しいということにはなりませんが、現在つけている株価に対して、自分では「いくらなら株を買えるのか」「いくらなら株を売るのか」を判断する目安とすることができます。そうした訓練をするためにも、株は成行ではなく指値で注文するのがおススメです。

大暴落時は成行も仕方がないケースも

とはいえ、業績下方修正や株式市場の調整などで、自分が持っている株価が大暴落している状況で「一度、株式を売却して現金にしておきたい」というケースもあるでしょう。その場合には、成行で売りに出さないと現金化ができないことがあります。

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。

あわせて読みたい

慶應義塾大学卒業後、国内大手及び外資系大手金融機関に合わせて10年以上勤務し、株式市場を中心にマーケット関連の仕事に従事。その後独立。金融機関では主にアナリストとして企業や産業調査活動に従事。調査内容としてはミクロ・セミマクロが主な分析対象だが、好きなのはマクロ分析。記事で取り扱うテーマはマーケット、企業分析といった株式市場関連の分析や貯蓄といった個人の資産運用(パーソナルファイナンス)を取り扱う。最近は「富の分配」問題や「お金持ち」である富裕層研究にも時間を割いている。その他に興味のある分野はブロックチェーン技術とゲノム(ジーノム)。