5年未満の離婚率が最大!結婚後にお金で苦労しそうな男性の特徴3選

結婚して夫婦生活が始まると、お金にまつわる悩みが発生することも珍しくありません。「長い人生を共に歩む人が、お金に苦労しそうな人だった…」という状況は避けておきたいもの。

そこで今回は、お金で苦労しそうな男性の特徴をご紹介します!気になる男性がいる方は、照らし合わせながら確認してみましょう。

お金で苦労しそうな男性の特徴

お金で苦労しそうな男性には、このような特徴が多くみられます。

実家を出たことがない

1人暮らしをすると、最低限の家事のスキルが身につき、光熱費の水準も掴めるようになります。引っ越しの手続きにも慣れ、家電の使い方もマスターできるようになるでしょう。

続きを読む

ところが、ずっと実家暮らしを続けていた人は、「水道代は大体いくらぐらい」「アイロンの正しいかけ方」などの知識が乏しくなりがちです。周囲の意見に耳を貸さないタイプの人なら、お金に苦労する可能性はさらに高まるでしょう。

「奢って」が口癖

ちょっとしたタイミングで「奢ってよ」「お金貸して」と言いだす人は、お金の価値が把握できていないと考えられます。他人のお金を軽く見ていて、自分のお金は出したがらないというケースも少なくありません。

このような人は、結婚後に「家族のためにお金を使うのはイヤだ」と頑なに拒んだり、奥さんに金銭的な負担を押しつけたりすると懸念されます。仮に「先輩からは奢ってもらい、後輩には積極的に奢る」というタイプの人でも、気前がよすぎてお金に困る可能性が。いずれにしても、お金を軽く扱っている人は要注意です。

浮気をする人

お金以前の問題もありますが、浮気をする人は「けじめがつけられない」という問題を抱えています。結婚後も浮気を繰り返し、挙句の果てには慰謝料を請求される場合も。離婚をするか、そのまま一緒にいて慰謝料を家計から捻出するか…どちらも苦労するのが目に見えていますね。

結婚後にお金で失敗しない対策も見ていきましょう

では、結婚後もお金に苦労しないためにはどうすればいいのでしょうか。ポイントは、「子育て期間をどう乗り越えるか」です。

上司とキャリアの方向性を話し合う

産休に入る前に、「これから挑戦したい仕事」や「理想のキャリア像」を上司に伝えておきましょう。反対に、「上司が自分にどんな役割を求めているか」を聞いておくことも大切です。キャリアのイメージがより具体的になるだけでなく、仕事のモチベーションもアップするでしょう。

夫婦が顔を合わせる時間を作っておく

お互いの仕事の都合により、生活リズムがバラバラの夫婦も珍しくはありません。その場合、家族の時間が少なくなったり、育児の負担が妻に偏ったりする可能性が高まってしまいます。

そのうち、お金関係の相談をする機会が減っていき、金銭面の問題が起こることも。各々で食事を食べることになったり、お風呂の追い焚きを繰り返したりと、支出が増えるデメリットもあります。育児が始まる前に、お互いの生活サイクルを調整し、顔を合わせる時間を確保しておきましょう。

離婚は結婚してから何年したら起きやすい?

参考記事

ニュースレター

メールアドレスをご登録いただくと、毎朝LIMOの更新情報をお届けいたします。
LIMO編集部

LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。